• もっと見る
« 2024年01月 | Main | 2024年03月»
猟銃の規制強化を懸念「有害鳥獣駆除に影響大」/猟友会宮古地区/沖縄/宮古毎日新聞 [2024年02月05日(Mon)]
市内でインドクジャクなどの鳥獣被害防止を行う県猟友会宮古地区(西原武則地区長)が、今国会で提出される予定の銃刀法改正案で猟銃の規制強化について、「狩猟者を減少させ、有害鳥獣駆除の担い手を減らす。宮古島の発展に甚大な影響を与える」と懸念を示している。同地区の関係者らが3日、本紙などの取材に改正案の問題点を指摘した。
https://www.miyakomainichi.com/news/news-179364/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山林歩き回る猟友会「年寄りには酷」、増える獣害…山梨で若手不足が深刻/読売新聞 [2024年02月05日(Mon)]
シカやイノシシによる農業への被害が深刻化する中、生息数を調整する管理捕獲を担う山梨県猟友会が、メンバーの高齢化に悩んでいる。獲物を求めて山林を長時間歩き回るのは体力的にも厳しい。若手も参加できるよう狩猟と仕事や家庭を両立するための配慮もしているが、思うように集まらない。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240128-OYT1T50145/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:33 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣対策×ふるさと納税 命を大切に、捕獲の裾野広げる/千葉/朝日新聞 [2024年02月05日(Mon)]
野生鳥獣による農業への被害を減らすため、千葉県が捕獲作業の担い手確保に力を入れている。着目したのは、「ふるさと納税」と「ペーパーハンター」と呼ばれる人たち。年明けから山林で実践的な活動も始まった。どういう組み合わせなのだろうか。
https://www.asahi.com/articles/ASS246SGBS23UDCB001.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:33 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
手と水で簡単、鹿皮細工 「やっちゃダメ」を逆用 岡山/朝日新聞 [2024年02月05日(Mon)]
岡山市北区建部町の山中で、頼本ちひろさん(41)が獣害を防ぐため狩られたシカやイノシシの皮の活用を考える「建部獣皮有効活用研究所」を立ち上げて5年。鹿皮を自由に整形して工作ができるレザークラフト製品「かわねんど」を考案した。「皮を扱う上でやっちゃいけないことを全部やっています」と笑う。
https://www.asahi.com/articles/ASS2476RTS1ZPPZB00Q.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:32 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ