• もっと見る
« 2022年10月 | Main | 2022年12月»
「穴を掘るのがしんどくて…」捕獲したイノシシの死骸を投棄 男2人を書類送検【香川】/OHK [2022年11月09日(Wed)]
捕獲したイノシシの死骸を、市が所有する山林にみだりに捨てたとして、さぬき市に住む男2人が、廃棄物処理法違反と鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。
https://www.ohk.co.jp/data/21754/pages/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:31 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
和歌山県営射撃場整備しハンター育成へ 農作物の鳥獣被害対策/NHK [2022年11月09日(Wed)]
イノシシやシカといった有害鳥獣による農作物への被害を減らすため、県は県営射撃場を整備し、ハンターの育成を進めていくことを明らかにしました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20221109/2040013077.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:30 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
独自のわなで鹿を捕りまくり、農業被害9割減 猟師が明かす「コツ」/北海道/朝日新聞 [2022年11月09日(Wed)]
愛らしい目をしたエゾシカ。北海道では市街地にも現れることがある身近な動物だ。しかし最近は農作物を食べる被害が深刻で、農家を悩ませる存在でもある。そんなエゾシカを独自のわなで捕獲し、農業被害を10年で9割減らした猟師がいる。使ったのはワイヤの輪で鹿の脚をとらえる「くくりわな」。わなに工夫を加えるだけでなく、仕掛け方にも知恵を絞り、「悪いことをするシカだけをとる」という。いったいどんな方法なのか。
https://www.asahi.com/articles/ASQC7761JQC7IIPE028.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:29 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北海道が抱える獣害問題 エゾシカを特産品として全国にPR/サンテレビ [2022年11月09日(Wed)]
まずはこちらの写真をごらんください。これは北海道にのみ生息するエゾシカです。本州に生息するニホンジカは体重100キロくらいですが、エゾシカは体が一回り大きく体重150キロにも及びます。
いま、北海道はこのエゾシカによる農作物の被害に頭を抱えています。
https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2022/11/08/60083/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:28 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ