• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
北海道内の国有林及び道有林における令和4年度狩猟期間の対応について/北海道森林管理局 [2022年08月02日(Tue)]
平成30年11月20日に発生した、狩猟者の誤射による北海道森林管理局職員の死亡事故を踏まえ、北海道森林管理局、北海道、北海道猟友会の3者が連携し、銃猟安全対策に取り組んでいるところです。
今年度の狩猟期間においても、森林内作業者等の安全確保の徹底を図るため「銃猟立入禁止区域」を設定し、以下のとおり3者が連携して銃猟安全管理に取り組むとともに、狩猟者に対しても徹底した安全行動を求めることにより、昨年同様、「銃猟立入禁止区域」以外での「平日の一般銃猟」を可能としますのでお知らせします。
また、エゾシカ捕獲対策についても、引き続き連携して取り組むこととしています。
https://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/kanri/220801.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ利用3年ぶり全面解禁へ 豚熱発生で自家消費限定のイノシシ 岐阜県/岐阜新聞 [2022年08月02日(Tue)]
岐阜県は1日、豚熱の発生を受けて全面的な解禁を見送っている野生イノシシのジビエ利用について、狩猟期の今年11月から約3年ぶりに再開する方針を示した。県版マニュアルを事業者向けに発表し、準備が整い次第、再開する見込み。県庁で開いた有識者会議で明らかにした。
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/110846
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:56 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシくくりわな 2点で固定、動き封じる 栃木県のメーカー開発/日本農業新聞 [2022年08月02日(Tue)]
有害獣の捕獲用わなを製造・販売する鎌田スプリング(栃木県鹿沼市)は、新型のイノシシ用くくりわなを開発した。わなを固定するワイヤロープを2本にし、2本の木に縛って固定する。捕獲したイノシシが動ける範囲が狭まり、狩猟者の危険や作業負担を少なくできる。狩猟シーズンに合わせ、秋ごろからの販売を予定する。
https://www.agrinews.co.jp/news/index/93280
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ