CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
増える若者ハンター 福島県が狩猟免許取得後押し、作物被害へ対策/福島民友 [2021年11月24日(Wed)]
農作物に被害を与える有害鳥獣駆除の担い手確保が課題となる中、県内で狩猟免許を取得する若者が少しずつ増え始めている。本県へのUターン者らが新たに免許を取得するケースなどが増え、高齢化で一線を退いた人の分を補う存在になりつつある。2020年度は4種ある狩猟免許の県内登録件数が東日本大震災前の水準まで回復した。取得を後押しする県は「少しずつ光が見えてきた」と手応えを感じている。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211124-669424.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ツキノワグマの捕獲数、西中国山地で過去最多 誤ってイノシシのわなに 広島、山口、島根の3県/YAHOO!ニュース [2021年11月24日(Wed)]
広島、山口、島根の3県で、ツキノワグマの捕獲数が2020年度に523頭と過去最多になったことが22日、分かった。中でもイノシシなどのわなにかかる「錯誤捕獲」が364頭と7割近くを占めた。捕獲後は危険なため多くが殺処分となる。人の安全とクマの保護、管理の両立が課題となっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cf67a2e359de6310097233862de9ff498c47fa9
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:52 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マスプロ電工の害獣捕獲通知システム 全国50自治体で導入進む 低コスト、運用も簡単 見回り効率化に貢献/中部経済新聞 [2021年11月24日(Wed)]
マスプロ電工(本社日進市浅田町上納80、端山佳誠社長)が開発した鳥獣害対策のわな用作動通知システムの導入が、全国の自治体で進んでいる。省電力、低コストで長距離通信が可能な技術を使用し、捕獲時に猟友会メンバーらの携帯電話にメール通知するシステム。
https://www.chukei-news.co.jp/news/2021/11/24/OK0002111240101_01/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:51 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ