CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
増える“若手ハンター”、一方で業界には課題も “クエスト”で狩猟のデジタル化目指す企業/ABEMA TIMES [2021年11月15日(Mon)]
野生動物を捕らえる職業・ハンター。人間が古来から生業としてきた日本の狩猟業界に今、ある変化が起きている。
日本の狩猟免許保持者の推移を表すグラフを見てみると、ベテランハンターの引退にともない、ハンター全体の人口が減少しているのに対し、ジビエ肉人気の影響などにより、20代から30代の“若手ハンター”の人口が増加しているのだ。
https://times.abema.tv/articles/-/10005850
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟解禁 正しい猟銃の扱い指導 岡山県警が一斉取り締まり開始/山陽新聞 [2021年11月15日(Mon)]
全国で鳥獣の狩猟が解禁となった15日、岡山県警は正しい猟銃の取り扱いや誤射などの事故防止に向け、違反行為の一斉取り締まりを県内の猟場で始めた。
初日は県内22署の警察官約200人が巡回。鳥獣保護区、休猟区など禁止区域での発射や、実弾を装填(そうてん)したままの猟銃の携帯を監視するなど、ハンターに適切な取り扱いを指導した。
https://www.sanyonews.jp/article/1197281
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:14 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟免許取得に向け「魅力発見セミナー」 穴水で解禁日前に/石川/中日新聞 [2021年11月15日(Mon)]
イノシシとシカをのぞく鳥獣の狩猟が十五日に解禁されるのを前に、穴水町内浦ののとふれあい文化センターで十三日、狩猟免許の取得を考える人を対象にした「狩猟の魅力発見セミナー」が開かれた。県内の八人が参加した。
https://www.chunichi.co.jp/article/366047
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:13 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ