CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年10月 | Main | 2021年12月»
猟友会に駆除を依頼するのは限界…住宅街での発砲でハンターが銃を取り上げられてしまうケースも/YAHOO!ニュース [2021年11月04日(Thu)]
近年、頻繁に報じられるようになった住宅街でのクマ出没。そんな時、行政の依頼を受け、駆除も含めた対応に当たるのが地元の「猟友会」のハンターたちだ。しかし“善意の第三者”であるはずのハンターたちには、「かわいそう」「残酷」といったバッシング、さらには法的責任を問われるケースもあることをご存知だろうか。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19f7f4434566959ac8dbe73428883b1d8ee2d41?page=1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:03 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ