CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
農地害獣対策のシステム開発 IoTで電気柵の異常を通知 管理の負担軽減/長崎/YAHOO!ニュース [2021年10月10日(Sun)]
人工知能(AI)などを活用した農業支援技術のコンサルティング業「日本アグテック合同会社」(長崎市、代表社員=末松謙一・末松電子製作所社長)は、モノのインターネット(IoT)を活用して、イノシシなどの害獣対策に使う電気柵の異常を農地所有者に知らせるシステムを開発した。電気柵の維持、管理をする農地所有者の負担軽減につながる。今後、量産化し、来年春からの販売を予定している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d866fe4a2ba774d35453ea1b706f516fc36abc10
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの角加工し、かんで遊ぶ犬用おもちゃに 帯広の飯嶋さん企画開発/北海道新聞 [2021年10月10日(Sun)]
帯広市の自営業飯嶋太朗(もとあき)さん(29)が企画し、包装もデザインした犬用のおもちゃ「かみひとえ」が札幌の企業から発売された。エゾシカの角を加工した商品で、歯でかんで遊ぶ。犬の歯石を取り除いて口臭を減らし、ストレス解消にも役立つという。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/598353
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ