CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
インフォマートは国産ジビエの外食産業向けの販路開拓・拡大を支援/財形新聞 [2021年09月04日(Sat)]
■国産ジビエの認証施設とオンラインで結び、プロモーション活動の支援を開始
国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営する、インフォマート<2492>(東1)は2日、外食産業の業界団体である一般社団法人日本フードサービス協会(JF)と連携し、「国産ジビエ認証制度」等の認証を取得した食肉処理施設から全国の飲食店向けに供給される安全安心なジビエの販路拡大とプロモーション活動の支援を開始したと発表。
https://www.zaikei.co.jp/article/20210903/637240.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
暗視カメラで鳥獣対策に効果 アナグマ、アライグマ…被害「見える化」 実態に応じた対策/佐賀/佐賀新聞 [2021年09月04日(Sat)]
農作物を食い荒らすイノシシなどの鳥獣被害の対策に暗視カメラが力を発揮している。今まで分からなかった被害の実態が把握できるようになり、具体的な対応策が打てるようになった。被害の「見える化」で危機感が共有され、集落ぐるみの対策にもつながっている。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/735032
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ・イノシシをどう欺く? 村山の高校生がオリジナル捕獲器製作中/山形/朝日新聞 [2021年09月04日(Sat)]
野生のクマやイノシシから農作物の被害や住民のけがを防ごうと、山形県村山市の村山産業高校の生徒たちがオリジナルの捕獲器を製作した。ハチミツでおびき寄せ、ドラム缶の中に閉じ込める仕掛けだが、外観に偽装が施されている。地元の猟友会も感心する偽装とは――。
https://www.asahi.com/articles/ASP926TBPP8BUZHB00L.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ