CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年07月 | Main | 2021年09月»
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【動画】クマ、わなの前でリラックス 尻をこすり 寝転んで腹をかく/宮城/河北新報 [2021年08月12日(Thu)]
イノシシ捕獲用の箱わなの角に尻をこすりつけたり、目の前に寝そべって脇腹をかいたり―。仙台市太白区秋保町長袋地区に設置した自動撮影するカメラが、大胆なクマの姿をとらえました。カメラの設置当初はしきりに人間を警戒していたクマですが、次第に慣れた行動を取るようになってきました。
https://kahoku.news/articles/20210812khn000032.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:37 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形県で絶滅のはずのイノシシが増殖…救世主は「ジビエ料理」か/日刊ゲンダイ [2021年08月12日(Thu)]
山形県では明治末期以降、「絶滅種」とされていたイノシシが近年増え続け、農作物への被害が増えている。県環境部によると、「2019年は422トン相当の稲や飼料作物、かぼちゃなどの野菜が被害に遭い、その額は7438万円ほどに上る」という。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/293181
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエの返礼品が人気 ふるさと納税、寄付額8倍に/日本農業新聞 [2021年08月12日(Thu)]
ふるさと納税の返礼品にジビエ(野生鳥獣の肉)や有害鳥獣の捕獲体験などを採用する自治体が増え、寄付額を伸ばしていることが分かった。民間の調べによると、2021年6月時点で返礼品にジビエを扱う自治体数は3年間で2・9倍、寄付額は同7・6倍に増額したという。農作物への被害が深刻度合いを増す中、地域の“厄介者”が、自ら支援の呼び水を買って出る効果も表れている。
https://www.agrinews.co.jp/news/index/19084
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ生産、地域の活力に 多良木町槻木 狩猟から出荷まで住民奮闘/熊本/熊本日日新聞 [2021年08月12日(Thu)]
高齢化率が84%を超す熊本県多良木町槻木[つきぎ]で、駆除したシカやイノシシのジビエ(野生鳥獣肉)の加工品生産が本格化している。狩猟から解体処理、袋詰め、出荷まで一貫して住民たちが手掛け、雇用も創出。「人と自然が共存できる里山」を目指し、過疎地の活性化に挑んでいる。
https://kumanichi.com/articles/352465
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ