CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月»
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
オフラインセミナー「野生鳥獣との共生を考える〜猪突猛進編〜」の参加者募集のご案内/PRTIMES [2021年06月18日(Fri)]
JAグループによるイノベーションラボ「AgVenture Lab」主催オフラインセミナー6/25(金)18時〜 AgVenture Labにて開催
野生鳥獣による農作物被害は、約158億円(令和元年度)、野生鳥獣による森林被害は、約5千ヘクタール(令和元年度)といわれますが、営農意欲を減退させる要因のひとつであり、農業現場では、数字以上に深刻な課題となってます。
野生鳥獣による被害の実態を踏まえつつ、鳥獣被害対策に取り組むゲストのお取り組み・お考えを共有し、野生鳥獣と人との共生を考える一助とするために、感染症対策を講じ標記のイベントを開催しますので、是非ご取材にお越しください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000062040.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:00 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
木更津からジビエ全国へ 「オーガニックブリッジ」 処理施設、国が認証/千葉/毎日新聞 [2021年06月18日(Fri)]
ソーセージなどに加工「うまみ濃い肉味わって」
農場を中心とする木更津市矢那の自然体験施設「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」が運営する食肉処理施設「オーガニックブリッジ」が県内で初めて、農林水産省が定める国産ジビエ認証施設となった。
https://mainichi.jp/articles/20210618/ddl/k12/040/207000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:59 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣被害にドローンが一役「空の目」からの対策で効果/神奈川/タウンニュース [2021年06月18日(Fri)]
秦野市では市内里山地域における鳥獣被害の状況を調査するため、ドローンによる空撮画像データを用いた被害対策地図を作成した。これを活用し地域住民と協力して対策を講じたところ、一定の効果が得られたという。
https://www.townnews.co.jp/0610/2021/06/18/579333.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
食いしん坊主婦が猟師デビュー 獲物との頭脳戦 駆除に「やりがい」/長崎/ 長崎新聞 [2021年06月18日(Fri)]
長崎県諫早市に女性猟師として活動を始めた主婦がいる。昨年11月に市猟友会に入った早稲田沙耶花さん(36)。今年1月には憧れのハンターデビューを果たした。自他共に認める「根っからの食いしん坊」。約5年前、自宅の庭に現れたイノシシの姿に、怖さを覚えながらも「食べたらどんな味なんだろう」と興味が湧いたことがきっかけだという。
https://nordot.app/778268246329442304?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:56 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ