CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
ジビエ振興に自治体結集 コロナで需要減、自衛隊が救済/朝日新聞 [2021年05月08日(Sat)]
ジビエ(野生鳥獣の肉)の活用に取り組む山梨県など22自治体が結集し、ジビエ振興自治体連絡協議会を結成した。4月20日、都道府県会館(東京都千代田区)で設立総会があり、長崎幸太郎山梨県知事が事務局長に就いた。長崎知事は「ジビエの先進地が結束し、国に対し、振興策を提言していきたい」と意欲を述べた。
https://www.asahi.com/articles/ASP5774CLP4NUTIL03Z.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:05 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
飛騨のジビエをおうちで サイトデザインは学生ら担当/岐阜/朝日新聞 [2021年05月08日(Sat)]
岐阜県飛驒地域の特産品をインターネットで販売している「ヒダカラ」(飛驒市)が、期間限定で野生の獣肉ジビエの販売に取り組んでいる。ジビエに関わりの少ない県外の大学生らがプロジェクトの立ち上げから参加し、ジビエ初心者にも購入してもらえるように知恵を絞った。
https://www.asahi.com/articles/ASP566SV8P4XOHGB00Z.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:04 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度新人ハンター養成講座受講生募集のお知らせ/宮城県 [2021年05月08日(Sat)]
みなさんの周りで,イノシシやニホンジカなどの野生鳥獣による生活被害や農林業被害が問題になっていませんか?
狩猟者は,このような野生鳥獣を捕獲することにより被害を軽減させる重要な役割を果たしています。
しかし,狩猟者数は年々減少していることから,宮城県では,有害鳥獣捕獲の担い手としての社会貢献活動に意欲を持った新たな狩猟者の確保と育成を図るため,「新人ハンター養成講座」を開講いたします。
※当講座を受講しなくても,狩猟免許試験の受験は可能ですし,合否判定に影響ありません。
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sizenhogo/r03sinjin.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:03 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ