CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main
鳥獣対策への理解 ゲームで深めよう 一般社団法人「Pine Tree」が開発/日本農業新聞 [2021年02月10日(Wed)]
住民、動物、ハンターに分かれてプレー
 「シリアスゲーム」という、社会問題の解決が目的のゲームを通して、地域で鳥獣対策の意識を高めるためのボードゲームを、一般社団法人Pine Tree(パインツリー)が開発した。娯楽目的ではなく、課題の当事者意識を身に付けられるのが特徴だ。餌を求めて移動する鳥獣や、情報を基に鳥獣の居場所を突き止める住民になってプレーすることで、対策への理解が深められるようになっている。
https://www.agrinews.co.jp/p53272.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ