CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
街からはじめる鳥獣対策「ドットワナ」 ニュースサイト「ドットワナマガジン」をリリース/DreamNews [2021年01月28日(Thu)]
株式会社WorkVision(本社:東京都品川区/取締役社長:大和田 昭彦/以下、当社)は、主に都市部在住者へ向けて鳥獣対策活動の啓蒙・情報発信を行うウェブマガジンサイト「ドットワナマガジン」を2021年1月27日より正式リリースしました。
https://www.dreamnews.jp/press/0000230269/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「わな稼働」お知らせ 鳥獣害対策で安中市がNTTと実験「見回り負担の軽減に」/群馬/東京新聞 [2021年01月28日(Thu)]
安中市はNTT東日本と連携し、情報通信技術(ICT)を活用した鳥獣害対策の実証実験を始めた。捕獲わなにICT機器を設置し、動物がわなにかかると、あらかじめ登録したスマートフォンなど情報端末にメールや画像を発信する仕組み。自治体と同社による同様の実験は県内初めてで、市は「狩猟従事者が高齢化する中、わなを見回りする負担の軽減につなげたい」としている。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/82594?rct=gunma
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農作物被害は158億円 ベテラン狩猟者と初心者の融合で、解決目指す/埼玉/YAHOO!ニュース [2021年01月28日(Thu)]
シカやイノシシなど野生鳥獣による農作物被害は、2019年度に約158億円にものぼった。各地で猟友会が駆除にあたり、一定の効果も見られるが、メンバーの減少や高齢化が深刻になっている。そうした中、狩猟免許を持ちながら経験の浅い若手と猟友会を結びつけ、鳥獣被害の問題を解決させる動きが起きている。どのような仕組みなのか、効果は出ているのか。埼玉県秩父の狩猟現場を取材した。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1901
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:41 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ