CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
犬だってジビエ食べたいワン 大和の道の駅、シカ肉ペットフード人気/岐阜/中日新聞 [2021年01月26日(Tue)]
郡上市大和町の道の駅古今伝授の里やまとにあるショップ「みちしる」で、郡上産のシカ肉を使った犬用ペットフードが人気を呼んでいる。高タンパク、低脂肪のシカ肉はジビエ料理の定番だが、犬にとっても大好物のひとつ。店を訪れた人たちは、愛犬の健康のためにさまざまな商品を気前よく買い込んでいる。
https://www.chunichi.co.jp/article/191258/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熟練猟師が担い手育成 ペーパー狩猟者に同行 環境省、制度化へ/日本農業新聞 [2021年01月26日(Tue)]
環境省は、狩猟の担い手不足の改善を狙い、2021年度から「狩猟インストラクター制度」の構築に乗り出す。有害鳥獣としての捕獲数の増加や人や農作物への被害に歯止めがかからない中、熟練者が現場に同行して経験や技術を教える仕組みを想定。
https://www.agrinews.co.jp/p53074.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟 動画で“体験”ふるさと納税返礼に 兵庫県養父市/日本農業新聞 [2021年01月26日(Tue)]
ふるさと納税で狩猟体験はいかが──。兵庫県養父市は25日、ふるさと納税の返礼品として、リモート形式で狩猟を体験できるサービスを始めると発表した。地元猟師が遠隔操作型の囲いわなを使って鹿などを捕獲する様子を、動画で中継する。市によると、リモート形式で狩猟を体験できる返礼品は全国初。2月1日から募集を始める。
https://www.agrinews.co.jp/p53067.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
千葉県の「房総ジビエ」コンテスト 5メニューが優秀作品に/産経新聞 [2021年01月26日(Tue)]
千葉県は県内で捕獲され、県内の食肉処理加工施設で処理・加工されたイノシシやシカの肉を使った料理「房総ジビエ」のコンテストを行い、県内外の飲食店の料理人が応募した50メニューから、書類選考で優秀作品5メニューが決まった。コンテストは3回目。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5メニューの中から最優秀賞などを決める実食審査は中止になった。
https://www.sankei.com/life/news/210125/lif2101250042-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ