CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
若者よ、ハンターになろう 県猟友会、メンバー確保に懸命/山形/山形新聞 [2021年01月15日(Fri)]
「もう一歩山に踏み込む本気のアウトドアを―」。県猟友会は新人ハンターを求めている。クマの目撃が相次いだ2020年、県内では人が襲われる被害も5件発生した。イノシシやクマなど有害鳥獣の駆除を行う猟友会は、地域の安全を守るほか、農作物被害を抑える上で大きな役割を果たしている。しかしメンバーは減っており、若手の獲得と定着が課題だ。
https://www.yamagata-np.jp/news/202101/15/kj_2021011500374.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩りのシェアとは... 鳥獣被害解決に新アプローチ/FNN [2021年01月15日(Fri)]
働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。
シカの食害により、葉が一部欠けてしまったサトイモ。
こうした野生動物による農作物の被害を食い止めるため、重要な役割を果たす狩猟。
不足する担い手を増やすため、ある取り組みが行われていた。
https://www.fnn.jp/articles/-/131336
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ