CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
クマの駆除と保護、福井県の方針は 出没相次ぎ2年連続狩猟自粛、上限見直し検討/福井新聞 [2020年11月23日(Mon)]
福井県内では今秋、ツキノワグマの出没や人身被害が相次ぎ、地元猟友会などが捕獲して山で放獣したり、駆除したりしている。福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)に、保護と駆除の対応の違いや今後の方針に関する質問が寄せられた。県は「地域の実情や出没の状況に応じて対応している」と説明。個体数調査を行うなどし、現在設けている駆除数の上限などを見直すとしている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1210525
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:15 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ