CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
女川のジビエ解体所、19日から運用 冷蔵室完備、衛生面充実/宮城/河北新報 [2020年09月18日(Fri)]
宮城県女川町で初めてのシカを中心としたジビエ(野生鳥獣の肉)の解体所「三陸リアス式ジビエ」の運用が19日に始まる。シカの運搬用ウインチや加工室、冷蔵室を備え、衛生的な環境で解体処理ができる。解体所の管理組合を構成する町内外の6事業者が使い、組合員以外の利用も検討する。
https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/202009/20200918_12003.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟フォーラム2020(ニホンジカによる森林被害を考える)を開催します!/高知県 [2020年09月18日(Fri)]
今、老若男女問わず、狩猟が注目を集めています。
森林がシカに荒らされている。丹精込めた農作物が獣に食べられ困っている。レジャースポーツとしてやってみたい。
でも免許が必要らしいし、やり方もよく分からないし、危なそう・・・。
そんな、気にはなっているものの、いろんな理由で一歩が踏み出せないあなた!是非、狩猟フォーラムにお越しください!
狩猟の魅力や社会的役割、安全な狩猟方法、そもそも狩猟免許を取るにはどうすれば?
さまざまな疑問に答えられるフォーラムとなっています。
さあ、あなたもハンターに!
https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/070201/2020091700069.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:43 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ急増、農業が危機 県内被害は10年で約30倍、生産者ら深刻さ訴え/山形/山形新聞 [2020年09月18日(Fri)]
本県のイノシシによる農作物被害が、ここ10年で30倍近くになっている。急増している地域では農家を辞める人や規模を縮小する人が出るなど深刻な状況だ。温暖化などに加え、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故がイノシシの増加につながったとの見方もあり、救済を求める声が上がっている。
https://www.yamagata-np.jp/news/202009/18/kj_2020091800355.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:42 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ