CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
農作物などの被害深刻…被害対策のカギは「緩衝地帯」 野生動物との共存を目指す〈宮城・気仙沼市〉/YAHOO!ニュース [2020年09月05日(Sat)]
住宅街に現われるクマや畑を荒らすイノシシなど、野生動物による問題を解決するために、宮城県内である実験が進められています。人と動物がすみ分けるため、注目したのは緩衝地帯という考え方です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7addbcdeb116550c63ceabae09af1120988fd178
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ