CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
イノシシ侵入防止電気柵機材また盗まれる 2度目の被害は吉川区/新潟/上越タウンジャーナル [2020年07月30日(Thu)]
新潟県上越市は2020年7月29日、同市吉川区東寺地内に設置していたイノシシ侵入防止用の電気柵機材が盗難被害に遭ったと発表した。盗まれたのは電気柵に電流を流すための主電源装置であるソーラーパネル式のパワーボックス1台とパワーボックス用スタンド1個で、購入価格は計約3万2000円。同市内では安塚区で今月12日にもパワーボックス1台とパワーボックス用スタンド1個が盗難被害に遭っている。
https://www.joetsutj.com/articles/21237390
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:40 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
体重80キロのイノシシがわなから逃げだす…襲われた高齢の男女がけが 香川・三豊市/YAHOO!ニュース [2020年07月30日(Thu)]
29日午前、香川県三豊市で、わなにかかったイノシシが逃げ出し、近くにいた高齢の男女が襲われてけがをしました。イノシシは殺処分されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a9adb8fd4b5c1bd0d8aa489e2ff78ab539ab19c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
感情の矛盾にまみれ動物の命と映画づくりに向き合う 猟師と俳優、それぞれが選び取った人生の悲喜/朝日新聞DIGITAL [2020年07月30日(Thu)]
2018年4月にNHKで放送され、1141件もの再放送希望が届いた番組がある。「ノーナレ けもの道 京都いのちの森」。京都で猟師として生きる千松信也さんの日常を追ったドキュメンタリー番組だ。
放送終了後、300日の追加取材を重ねたNHK取材班は、録りためた映像を再編集し、俳優・池松壮亮さんのナレーションを加え、映画『僕は猟師になった』を完成させた。「プロフェッショナル 仕事の流儀」「クローズアップ現代」などを担当してきたNHKディレクターの川原愛子さんが監督を務める。
京都大学で「自分探し」に明け暮れたという千松さんは、学歴にも社会にも縛られない生き方を選び、動物の命と向き合う日々を送る。後ろめたさを抱えながら動物を殺め、家族とともに今を生き抜く彼の姿は、我々に何を伝えようとしているのか。監督、出演者、ナレーター、そこには三者三様の見方があった――。
https://www.asahi.com/and_M/20200730/13589398/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ワイルドだけど味はまろやか シカ肉使ったジビエしょうゆ第1弾 鹿児島・阿久根の鶴翔高/373news.com [2020年07月30日(Thu)]
阿久根市の鶴翔高校の生徒が、シカ肉を使ったしょうゆを完成させた。4年がかりで取り組んできた野生の鳥獣肉(ジビエ)を利用する「ジビエしょうゆ」の第1弾で、プロの料理人らもまろやかな独特の味わいを評価。同校ではカモ肉を使った新商品の開発にも着手している。生徒は「阿久根に根付き、広がってほしい」と期待を込める。
https://373news.com/_news/?storyid=123424
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ