CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
肉や皮、しっかりフル活用 小鹿野 食害減へ、捕獲の野生ジカ 革のネームホルダー人気/埼玉/東京新聞 [2020年07月22日(Wed)]
野生ジカの肉や皮を食品や日用品などとして活用する取り組み「ちちぶのじかプロジェクト」が、小鹿野町で進んでいる。シカによる農林業の食害を食い止めるのが発端だった。東京電力福島第一原発事故で中断しかけたが、地元のさまざまな団体が協力し、困難を乗り越えてきた。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/44098?rct=saitama
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊野の92歳猟師、8月に引退/三重/中日新聞 [2020年07月22日(Wed)]
猟銃を扱う県内の猟師1637人の中で、最高齢となる熊野市飛鳥町の久保寛二さん(92)が、高齢を理由に8月で猟師をやめる。半世紀にわたる狩猟活動を振り返り「猟師は大変だが、なくてはならない」ということを痛感するという。
https://www.chunichi.co.jp/article/92571/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ALSOK千葉、茂原に「ジビエ工房」新設 捕獲者支え対価で加工 間もなく運用スタート/千葉日報 [2020年07月22日(Wed)]
警備大手「綜合警備保障(ALSOK)」のグループ会社「ALSOK千葉」(千葉市花見川区、長嶋義春社長)は、有害鳥獣対策業務の一環で、茂原市本納地区にジビエ(野生鳥獣肉)の加工場を整備し、
http://www.chibanippo.co.jp/news/economics/708020
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ