CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
[未来人材] 30歳。 フランス料理にジビエ、食育授業も 魅力浸透 地元から 更井亮介さん 和歌山県田辺市/日本農業新聞 [2020年03月29日(Sun)]
田舎でもおいしいジビエ(野生鳥獣の肉)料理が食べられる環境をつくりたい――。鳥獣被害が大きい和歌山県田辺市の上芳養地区にUターンした更井亮介さん(30)。地元食材の魅力に導かれた。ジビエ料理を提供するフランス料理店を運営する。ジビエを学ぶ講習会や食育の授業も地域で実施。ジビエの身近さやおいしさを伝えることで、利用拡大を目指す。
https://www.agrinews.co.jp/p50408.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サバイバル登山家・服部文祥が語る、リアルサバイバル生活/HOMINIS [2020年03月29日(Sun)]
会社員&サバイバル登山家として活動する服部文祥さん。彼は、食料を登山先で調達する"サバイバル登山"を行っている。もともと登山を趣味にしていたが、サバイバル要素が加わるきっかけとなったのは「"自分の力で山を登る"ことを煮詰めた結果」だという。
https://hominis.media/category/cultural/post5528/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:39 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
池松壮亮「ノーギャラでも参加したい」と太鼓判! 現役猟師に迫るドキュメンタリー予告編/映画.com [2020年03月29日(Sun)]
[映画.com ニュース] 再放送希望が1141件も届いたNHKの傑作ドキュメンタリーをベースにした、“完全新生映画版”「僕は猟師になった」の予告編がお披露目された。京都大学出身の現役猟師で、2008年に出版された著書「ぼくは猟師になった」で“狩猟ブーム”の先駆けを担った千松信也氏の暮らしに迫る本作。ナレーションを務めた池松壮亮は「たとえノーギャラでも参加したいと思える作品でした」と太鼓判を押している。
https://eiga.com/news/20200328/7/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:38 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ