CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
シカ捕獲頭数水増し 山梨県猟友会、6年間で1300万円過大受給/YAHOO!ニュース [2020年03月28日(Sat)]
環境省は27日、南アルプス国立公園のニホンジカの管理捕獲の業務で同省と請負契約している山梨県猟友会(甲府市)が捕獲頭数などを水増しした虚偽の報告書を提出し、2018年度までの6年間で約1300万円を過大に受給していたことを明らかにした。同省は県猟友会に過大受給分の返還と損害金を請求し、県猟友会は返還に応じる意向を明らかにした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000018-mai-soci
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
EDAC、有害鳥獣調査にドローンおよびリアルタイム情報配信システム「Hec-Eye」を活用!長野県小谷村で実施。/ニコニコニュース [2020年03月28日(Sat)]
一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、2020年3月2日(月)〜6日(金)にかけて、長野県小谷村が主体となり実施した有害鳥獣対策に関する実証実験に参加しました。本実証においてEDACは、リアルタイム情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」と赤外線カメラを搭載したドローンを用いて有害鳥獣の調査を支援しました。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6912267
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:32 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(212) 葉ニンニク栽培が効果発揮 神奈川・秦野市 諸星一雄さん/全国農業新聞 [2020年03月28日(Sat)]
神奈川県西部に位置し、山と丘陵に挟まれた秦野市。近年、猪、鹿、アナグマなどの農業被害が増える中、匂いが獣を寄せ付けないとされる葉ニンニクが効果を発揮している。加工品も開発するなど販売も好調で、作付けが増加中だ。
https://www.nca.or.jp/shinbun/beast-harm/8204/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:31 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
捕獲イノシシを肥料に 武雄市に減容化施設完成  循環型社会実現へ/佐賀/佐賀新聞 [2020年03月28日(Sat)]
武雄市山内町の「武雄地域鳥獣加工処理センター(やまんくじら)」に、捕獲したイノシシを乾燥して肥料などにする「イノシシ減容化施設」が完成した。4月から稼働し、農地を荒らす“厄介者”を資源化して循環型社会実現を目指す。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/504495
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:30 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ