CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
吹き矢でシカ捕獲、コスパ悪くて断念 肉も食べられず/北海道/朝日新聞 [2020年02月21日(Fri)]
北海道稚内市は、市街地のエゾシカ対策として3年前に採り入れた麻酔薬を使った「吹き矢」捕獲を断念した。すみかと見られる裏山での冬の一斉捕獲も少雪続きで効率が悪く、休止を決めた。新年度は独自に小型囲いわなを買い、新たな捕獲体制で臨むという。
https://www.asahi.com/articles/ASN2N7537N2NIIPE01G.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:47 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「ジビエマン」東京でデビュー 兵庫の鳥獣害対策ヒーロー、野生動物との共生訴え/神戸新聞 [2020年02月21日(Fri)]
兵庫県内で相次ぐ田畑などへの獣害の実態を伝え、野生動物との共生を訴える着ぐるみのヒーロー「ジビエマン」が20日、東京で“デビュー”した。シカとイノシシがモデルの「シカジロウ」「イノコ」と、人間との衝突をヒーローが仲裁する。そんな芝居を通して、子どもたちに共生の大切さを説く。
https://article.auone.jp/detail/1/2/5/169_5_r_20200221_1582235602117579
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:46 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ料理店、レース鳩を「撃ってきました」→関係者激怒 県も調査中、店側は釈明/JCASTニュース [2020年02月21日(Fri)]
埼玉県内のジビエ(野生鳥獣)料理店が2020年2月10日、射殺したレース鳩の写真をSNS上に投稿し、狩猟家らから批判が相次いでいる。
レース鳩は、鳥獣保護管理法で定められた狩猟鳥獣の対象外だ。日本鳩レース協会はこのハトの飼い主特定を進めており、県も調査に乗り出す。
https://www.j-cast.com/2020/02/20380214.html?p=all
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:45 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ