CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
女性チームが丹沢でシカ巻き狩り 狩猟の世界で新たな試み/神奈川/カナロコ [2020年01月28日(Tue)]
高齢化が進む狩猟の世界で女性の積極参入と活躍を促そうと、女性ハンターだけでチームを組み、シカを囲いながら追い立てる猟「巻き狩り」が西丹沢の山中で繰り広げられた。県猟友会の熊澤收会長(78)=愛川町=が呼び掛け、有志8人が参加。「女性だけの巻き狩りは、聞いたことがない」。熊澤会長も珍しいと強調する新たな試みは、野生鳥獣と向き合う山に新風を巻き起こすのか─。昨年12月中旬に行われた巻き狩りに同行した。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-254301.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鶴商興産、イノシシ脂100%の保湿バーム販売/佐賀/佐賀新聞 [2020年01月28日(Tue)]
イノシシ肉のソーセージを販売する佐賀市の食品卸売業「鶴商興産」は、イノシシ脂を使った保湿バームを販売している。代表取締役の坂本竜一さん(38)は、イノシシの有効活用で「価値を高めたい」と話し、農地や農作物などの鳥獣被害の縮小につなげる試み。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/481790
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:47 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の「野味」は大丈夫?拡大する新型肺炎 安心して食べるには/西日本新聞 [2020年01月28日(Tue)]
中国から世界に感染が拡大している新型コロナウイルスについて、「アナグマなどの野生動物を食べる『野味』が原因だとニュースで見た。日本では大丈夫?」と疑問が寄せられた。アナグマは本紙「あなたの特命取材班」のマスコットキャラクター「あなとくちゃん」のモデル。万が一のことがあれば大変だ。野生動物の食肉人気が広がる中、安心して接するために必要なことは−。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/579116/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:46 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ