CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
愛媛)イノシシ被害減らしたい 獣医学部生らが島で合宿/朝日新聞 [2020年01月26日(Sun)]
昨年12月末、愛媛県今治市の伯方島の山中。地元猟友会の男性が、オレンジのつなぎ服を着た学生たちに説明した。「ここが獣道だから、あっちからくるやつを餌でつる」。男性の指導のもと、学生の一人が、イノシシが踏みつけるとバネの力でワイヤが締まって足首をくくる「くくりわな」を仕掛けた。
https://www.asahi.com/articles/ASN1R3V1KN1RPFIB002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【児童書】『自分の力で肉を獲る 10歳から学ぶ狩猟の世界』千松信也著/産経新聞 [2020年01月26日(Sun)]
無人島に漂着した場合、どう食料を確保すべきか。そんな空想にふけった経験のある子供に最適な、超リアル志向の狩猟入門書だ。
https://www.sankei.com/life/news/200126/lif2001260027-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
志摩市 市初の認定ジビエ加工施設 来月2日オープン 三重/YAHOO!ニュース [2020年01月26日(Sun)]
三重県の竹内千尋志摩市長は24日の定例記者会見で、獣害対策の一環として同市大王町波切に同市内では初となる認定ジビエ加工施設「ジビエ大王」を開設すると発表した。来月2日にオープンに合わせたお披露目式がある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000302-isenp-l24
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ