CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
"ジビエ肉"を活用できる地域おこし協力隊、長崎県五島市が募集 条件は「解体経験・狩猟免許を受けた経験がある人」/ニコニコニュース [2020年01月24日(Fri)]
長崎県五島市は1月24日、ジビエ肉の利活用を普及させるため、新たに地域おこし協力隊の募集を開始した。募集人数は1人で、任用期間は4月から1年間(活動実績により更新、最長3年)。来月以降に応募書類や面接による選考を予定している。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6485713
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:37 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今話題のジビエを気軽にリーズナブルに ヘルシーでワイルドな味わい 農作物被害対策にも一役 「全国ジビエフェア」開催中/産経新聞 [2020年01月24日(Fri)]
シカやイノシシといった野生鳥獣肉の「ジビエ」が話題だ。昨年放送されたテレビドラマでも取り上げられ、関心が高まっている。ジビエというと、食通好みの高級グルメというイメージが強いが、気軽にリーズナブルに楽しめるフェアが開かれている。外食業界団体の日本フードサービス協会が2月28日まで実施している「全国ジビエフェア」だ。農作物への被害対策で捕獲されたシカやイノシシの有効利用を目的に行われているもので、居酒屋や焼き鳥店、カジュアルなバルなど幅広いジャンルの全国約1000店がジビエ料理を提供している。話題のジビエを体験するには絶好の機会だ。
https://www.sankei.com/life/news/200124/lif2001240002-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
単独猟の猟師が到達した「命に感謝」を超えた境地『山のクジラを獲りたくて』に綴られた真摯な願いとは/JBPRESS [2020年01月24日(Fri)]
人間が「山」に入る目的には、どんなことがあるだろう。
登山のためは最も多そうだ。それに山菜を採るためという目的もある。木材を得るための林業はかつて盛んだった。
もうひとつ、「狩猟のため」という目的が昔も今もある。猟銃などの猟具を持って山に入り、鳥獣を捕らえる。そして解体し、食材を得る。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59063
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ