CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
秋田のジビエ最前線 クマ肉特産化へ加工施設 仙北市/秋田魁新報 [2020年01月05日(Sun)]
人里での出没が相次ぐツキノワグマ、目撃が増えてきたニホンジカとイノシシ。野生鳥獣の被害対策や地域振興につながると注目されるジビエ(野生鳥獣肉)活用が、秋田でも動き出そうとしている。狩猟をなりわいとするマタギの文化が各地に伝わる本県だが、「ジビエ料理」にいまひとつピンとこない県民もまだ多いはず。県内の取り組みとジビエの最前線を紹介する。
https://www.sakigake.jp/news/article/20200105AK0009/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:45 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエも格付け 和牛のように等級制度を創設、野生鳥獣の駆除にも/iza [2020年01月05日(Sun)]
シカやイノシシなどの野生鳥獣肉(ジビエ)の品質を和牛のように格付けする独自の等級制度を和歌山県が創設し、近年ブームのジビエ料理の普及に努めている。制度を利用すれば、品質の一定した肉を安定して仕入れることができるため、利用する飲食店も増加。県は、農産物を荒らす野生鳥獣の駆除にもつながると一石二鳥を期待する。
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/200105/lif20010510280006-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:44 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ