CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月»
都市の住民と里山つなぐ 横瀬のベンチャー、害獣対策プロジェクト SNSで狩猟免許所持者集め /埼玉/毎日新聞 [2019年12月11日(Wed)]
イノシシやシカなど鳥獣による農作物被害が全国で158億円(2018年度)に上る中、有害鳥獣を駆除する狩猟免許の所持者は高齢化し、減少の一途をたどっている。そんな中、横瀬町のベンチャー企業がインターネットを介した「有害鳥獣対策プロジェクト」を立ち上げた。都市部の狩猟免許保持者を里山にいざなうとともに、資金も集めて害獣駆除を進める取り組みだ。
https://mainichi.jp/articles/20191211/ddl/k11/040/045000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【狩猟】罠シェアリングのスタートアップ企業「株式会社カリラボ」が猟期開始に伴い、実サービス提供開始/PRTIMES [2019年12月11日(Wed)]
株式会社カリラボ(創業:吉田 隼介、本社:秩父郡横瀬町、以下カリラボ)は、11月17日より「カリナビ」「ワナシェア」サービス提供を開始し、有害鳥獣駆除実績を積み上げております。
また、罠シェアリング東京(プロデューサー:イクメン猟師 小川 岳人、所在地:東京都あきる野市)と共同で、12月14日に初の両会員向けコラボレーションイベントを開催いたします。
若年層も巻き込んだ狩猟の新時代に向け、幅広く活動の輪を広げてまいります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000049147.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:01 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…/毎日新聞 [2019年12月11日(Wed)]
山形県は10日、2018年度のイノシシによる農作物被害額が前年度比約43%増の約7300万円と過去最悪だったと発表した。野生鳥獣全体の被害額はここ数年間減少傾向にあり、同約11%減の約5億1000万円だったが、イノシシ被害が突出している。
https://mainichi.jp/articles/20191211/k00/00m/040/057000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
給食室に狩猟の銃弾か 奈良の中学校、窓ガラスも破損/朝日新聞 [2019年12月11日(Wed)]
奈良県下市町の町立下市中学校(上東祥浩校長、生徒数85人)で9日朝、給食室の窓ガラスが破損しているのが見つかり、吉野署が調べたところ、室内の天井裏から銃弾のような金属塊を発見した。署によると、8日に付近で狩猟が行われたという情報があり、関連を調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASMDB4Q7VMDBPOMB00G.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ肉をふるさと納税返礼品に 有害駆除した「山の恵み」を缶詰に/秋田/河北新報 [2019年12月11日(Wed)]
秋田県仙北市は市内で捕獲したクマの肉をふるさと納税の返礼品にする準備を進めている。野生鳥獣肉(ジビエ)は返礼品として全国で人気を集めているが、クマ肉は珍しい。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201912/20191210_41029.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:58 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ