CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月»
シッカり捕獲、効果3倍 獣害対策、新わな紹介 経験浅くても扱い容易 八頭 /鳥取/毎日新聞 [2019年12月06日(Fri)]
シカやイノシシなどの獣害が県内でも問題になる中、林野庁が、八頭町で狩猟免許取得者や行政関係者向けに新たなわな猟の方法の説明会を初開催した。従来の「3倍の捕獲率」の実績があるといい、扱いも容易なため経験の浅いハンターらに活用してもらうのが狙い。
https://mainichi.jp/articles/20191206/ddl/k31/040/415000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
筋肉を落とさず脂肪を落とす。野生の鳥獣肉「ジビエ」はなぜダイエットにおすすめなのか/MELOS [2019年12月06日(Fri)]
食肉として飼育される牛や豚などと異なり、狩猟によって捕獲された野生の鳥獣肉、ジビエ。もともとは秋冬の狩猟解禁中だけ楽しめるフランス料理の高級食材というイメージでしたが、最近では年間を通して気軽にジビエ料理を楽しめる飲食店も増えてきています。
https://melos.media/hobby/5857/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生動物の農業被害10年前から激減 農地囲い込み奏功 狩猟者の高齢化深刻、京都府/京都新聞 [2019年12月06日(Fri)]
京都府内で猛威を振るった獣害が近年減少し、昨年の野生鳥獣による農作物被害額は10年前と比べて約3分の1に減った。府などによると、防護柵による農地の囲い込みと猟期外の捕獲などが功を奏したとみられるという。ただ、有害鳥獣駆除にあたる免許取得者の高齢化など課題は残る。
https://this.kiji.is/575494795626873953?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(198) すご腕猟師がジビエレストラン 大分・佐伯市 矢野哲郎さん/全国農業新聞 [2019年12月06日(Fri)]
大分県佐伯市の矢野哲郎さん(63)は、林業をしながら自宅横でレストラン「リュオ」を営む。山間地だが「トトロの森」として知られ、訪れる中高年の女性が多い。メニューはパスタやピザなどが中心だが、すご腕猟師の矢野さんが捕る猪や鹿のジビエ料理も人気だ。
https://www.nca.or.jp/shinbun/beast-harm/7024/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「日本ジビエサミットin東京」基調パネルディスカッション 地域活性化の起爆剤に/日本食糧新聞 [2019年12月06日(Fri)]
本気のジビエで地方創生 国と自治体の課題  近年、野生鳥獣による農作物被害が深刻化する中、捕獲した鳥獣をジビエ(野生鳥獣の食肉)などの地域資源として利用する取組みが全国各地で進められている。
https://news.nissyoku.co.jp/news/mitsui20191121103843751
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:33 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
IoT活用の鳥獣わなセンサー開発 捕獲時にリアルタイムにメール通知 ソフトバンクなど/BIGLOBEニュース [2019年12月06日(Fri)]
ソフトバンク(東京)はこのほど、ナローバンド(低速ネット接続、NB)によるIoT(モノのインターネット)「NB−IoT」通信を活用した「鳥獣わなセンサー」を国内で初めて開発し、信州大農学部(南箕輪村)で報道陣に公開した。伊那市など上伊那地域の山中約10カ所で実証実験を行い、2020年3月をめどに新製品を発売する予定。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1205/mai_191205_2398722651.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:31 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ