CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
イノシシをスマホで捕獲 囲いわなを遠隔操作 熊本市立田山で試験導入/熊本日日新聞 [2019年11月22日(Fri)]
熊本市の立田山でイノシシが急増し、生活被害が出ている問題で、市は年明けにも情報通信技術(ICT)を活用した捕獲わなを試験導入する。スマートフォンを使って囲いわなの扉を遠隔操作する仕組みで、イノシシを群れごと“一網打尽”にできる。効果を検証し、本格導入するか検討する。
https://this.kiji.is/570489132952405089?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:20 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019.11.22 第4回ジビエ料理コンテスト 大臣賞はシカ肉料理「棒棒鹿」 農水省/農業協同組合新聞 [2019年11月22日(Fri)]
ジビエの普及啓発などに取り組む農林水産省の「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として開催した「第4回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞に、シカ肉料理「棒棒鹿(バンバンロク)」の平岡裕子氏が選ばれるなど受賞者を決定し、11月20日の「第6回日本ジビエサミットin東京」において表彰を行った。
https://www.jacom.or.jp/nousei/news/2019/11/191122-39724.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:19 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
印南で狩猟の流れ弾が男性に当たる/和歌山/日高日報 [2019年11月22日(Fri)]
印南町古井地内の山間部で21日朝、狩猟をしていた町内の無職男性(79)が撃った散弾銃の弾が、近くで測量作業をしていた会社員の40代の男性の手に当たった。命に別条はないという。
https://www.hidakashimpo.co.jp/news1/2019/11/印南で狩猟の流れ弾が男性に当たる.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
定着化狙い“新人”講習 狩猟者40人、捕獲や解体 鳥取 /鳥取/毎日新聞 [2019年11月22日(Fri)]
イノシシやシカなどを捕獲するハンターの養成スクール(県主催)が、鳥取市・鹿野町であった。狩猟免許を取得して3年以内の“新人”約40人が参加。捕獲と解体、イノシシ肉を使ったジビエ料理について学んだ。
https://mainichi.jp/articles/20191121/ddl/k31/040/370000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ普及、コストが課題 サミット開催/産経新聞 [2019年11月22日(Fri)]
外食業界団体の日本フードサービス協会は21日、農作物への被害対策で捕獲されたシカやイノシシなどの野生鳥獣肉(ジビエ)の利用拡大を図るため、外食産業関係者らを対象としたセミナーを東京都江東区の東京ビッグサイトで開いた。ジビエ振興を目的に22日まで開かれている「第6回日本ジビエサミットin東京」の一環。
https://www.sankei.com/economy/news/191121/ecn1911210034-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:15 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマにかまれ男性重傷 滋賀・高島/中日新聞 [2019年11月22日(Fri)]
21日午前8時35分ごろ、滋賀県高島市マキノ町西浜の山中で、狩猟をしていた同市安曇川町南船木の無職男性(69)から「クマにかまれた」と119番があった。県警高島署によると、男性は両腕や顔をかまれ、左手小指を脱臼する重傷を負った。
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019112190225343.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:14 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊に襲われ2人けが 人身被害、前年2倍以上 鹿角 /秋田/毎日新聞 [2019年11月22日(Fri)]
20日午前8時40分ごろ、鹿角市十和田大湯の住宅街で熊の駆除に当たっていた地元猟友会の男性2人が相次いで熊に襲われ指をかみちぎられるなどのけがをした。熊はまもなく駆除されたが、県自然保護課によると、今年度の熊による人身被害は20日現在で15人と前年同期比2倍以上となっている。
https://mainichi.jp/articles/20191121/ddl/k05/040/162000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:13 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ