CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
クマ駆除数310頭 18年度の3倍 人身被害があった県内8市町/新潟/新潟日報 [2019年11月06日(Wed)]
本年度、野生のツキノワグマによる人身被害があった新潟県内8市町で駆除したクマは計310頭に上り、計91頭だった2018年度1年間の駆除頭数の3倍以上になっていることが5日、新潟日報社の調べで分かった。クマによる人身被害が多発する中、駆除頭数も急増。中山間地などではクマが冬眠期に入るまで緊迫した状況が続く可能性があり、関係者は注意を呼び掛けている。
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191106505660.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
車のドアフレームに穴、弾痕か 日光/栃木/下野新聞 [2019年11月06日(Wed)]
4日、日光市、嘱託職員女性(42)から、乗用車に銃弾のような跡があると警察に申告があった。今市署は銃刀法や鳥獣保護法違反事件などの疑いがあるとして捜査している。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/240737
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ拡大防止へ 群馬県、イノシシ捕獲強化 消毒薬配布、奨励金上乗せ/毎日新聞 [2019年11月06日(Wed)]
群馬県は家畜伝染病「豚コレラ」の感染拡大を防止するために、野生イノシシの捕獲を強化する。狩猟者によるウイルス拡散を防ぐために全面禁猟を決める他県がある中、群馬県は予定通り15日の狩猟解禁に踏み切り、狩猟者に対する防疫措置も増強した上で、今猟期の狩猟制限を行わない。有害鳥獣捕獲で捕まえた場合の捕獲奨励金を8000円上乗せし、さらなる捕獲を促す。
https://mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/040/046000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
罠シェアリングのスタートアップ企業「カリラボ」がMakuake(クラウドファンディングサービス)にてプロジェクト目標金額を一日で達成/時事通信 [2019年11月06日(Wed)]
秩父郡横瀬町発の狩猟ビジネス スタートアップ企業、株式会社カリラボ(本社:秩父郡横瀬町、創業:吉田 隼介、以下カリラボ)は、Makuake(クラウドファンディングサービス)にて罠シェアリングサービスプロジェクトを10月23日に開始し、開始後1日間で目標金額300,000円を突破いたしました。11月6日現在162%の達成率で進捗しています。
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000049147&g=prt
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ