• もっと見る
« 有害鳥獣 | Main | またぎぃ»
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「ブーブー」音を出してイノシシ撃退 “いのドン” がさらにパワーアップ 新機能は「ご近所に優しい」AI仕様/岡山/TBS [2023年01月29日(Sun)]
シカやイノシシといった「野生動物による農作物の被害」は、岡山・香川でも後を絶ちません。こうした中、岡山理科大学などが「音で動物を威嚇する装置」を開発したことは以前番組でお伝えしました。
その名は「くまドン」「いのドン」「鹿ソニック」。。。これらの装置は全国各地に設置され、獣害に効果が出ていますが、ある課題がありました。その課題を「AI=人工知能」で解決しようと装置の改良が進められています。
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/298180?display=1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:37 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アーバンベアへの対応訓練 マニュアル策定へ<岩手県>/YAHOO! [2023年01月26日(Thu)]
2022年に相次いで市街地に出没したクマへの対応訓練です。
岩手県や警察・猟友会など関係機関が参加して地図を使っての模擬訓練が1月25日に岩手県盛岡市で行われ、連携を確認しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4af9380ebed68509a573218c3c1678931514ee05
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アルガリと埼玉県毛呂山町、ドローンを活用した獣害対策・河川巡視の実証実験を実施/ドローンジャーナル [2023年01月25日(Wed)]
2023年1月20日、アルガリは、2022年度に埼玉県毛呂山町において、毛呂山町まちづくり整備課と共同で獣害および河川巡視の実証実験を実施したことを発表した。
実証実験ではドローンで安全性を担保しながら獣害や河川を巡回し、そのノウハウや有効性を自治体や対象地域へ提供、地域の住民や生産者でも実施可能な内容へ落とし込み、自主的に実施可能かを検証した。
同実証の結果により自治体と地域を可視データで結ぶことで、被害状況や状況確認時に起こり得る確認者の傷害や事故を減らすことが可能となる。
https://drone-journal.impress.co.jp/docs/news/1184804.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:48 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
タカが犬襲い飼い主けが、名古屋市 あおなみ線のカラス置き石対策で放鳥/中日新聞 [2023年01月24日(Tue)]
23日午後3時35分ごろ、名古屋市中川区小本二の路上で、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の線路上のカラスを駆除するために放ったタカが散歩中の犬に向かい、守ろうとした飼い主の女性が右手のひとさし指に軽いけがをした。
https://www.chunichi.co.jp/article/623028
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「害獣」イノシシ・ニホンジカの目撃急増、増える農作物の被害…他県から北上か/青森/読売新聞 [2023年01月16日(Mon)]
本来青森県内には生息しないとされていたイノシシやニホンジカの目撃件数が急増している。生息数が増えているとみられ、農作物被害も出ている。人里に近い中山間地で耕作放棄地が広がったことなどで野生動物が他県から北上しやすくなっているとみられ、県は情報通信技術(ICT)を活用した捕獲態勢の整備など、対策を強化している。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230110-OYT1T50208/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:51 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鷹匠のタカに小1襲われけが カラス駆除で現場に 滋賀/毎日新聞 [2023年01月14日(Sat)]
13日午後3時20分ごろ、滋賀県甲賀市水口町の市道でタカ1匹が同市内の小学1年の男児(7)を襲った。男児はタカに顔や頭を爪で挟まれるなどしたが軽傷。
https://mainichi.jp/articles/20230113/k00/00m/040/362000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:42 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
SkyDriveら5社、千葉県の物流ドローン等を活用した害獣駆除プロジェクトに参画/DRONE [2023年01月04日(Wed)]
株式会社SkyDriveは、株式会社ダイヤサービス、株式会社ロックガレッジ、合同会社房総山業、木更津猟友会と、「先進的デジタル技術活用実証プロジェクト」として、ドローンやAIといった先端技術を活用した効率的な狩猟モデルを策定、千葉県の害獣駆除の推進に取り組むと発表した。
https://www.drone.jp/news/2023010417514360854.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:33 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市街地のクマ被害を防げ 出没対応強化や人材育成―6道県でモデル事業・環境省/JIJI.com [2023年01月01日(Sun)]
市街地に出没するクマによる人身被害が全国で相次いでいることを受け、環境省は今年度から6道県でクマ対策強化のモデル事業に乗り出した。行政や地元猟友会などが連携し、迅速に捕獲したり追い払ったりできる体制を整えることや、クマの侵入を予防することが柱で、自治体ごとに決める。同省は捕獲や電気柵の設置などの技術を持つ専門家を派遣し、人材育成を支援する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022123100171&g=soc
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:19 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカを追う(1)その獣は…畑や森林食べ尽くす/兵庫/神戸新聞 [2022年12月30日(Fri)]
その獣は、夜の闇から忍び寄るように現れる。
兵庫県香美町香住区余部の御崎地区。日本海に突き出た岬の突端にある人口40人の小さな集落に、5、6年前からその獣が頻繁に出没するようになった。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/202212/0015928971.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ被害防げるか? 狩猟期間外に"クマ捕獲"を許可「春期管理捕獲」実施へ…相次ぐ市街地出没と人的被害受けて 北海道/YAHOO!ニュース [2022年12月21日(Wed)]
2021年6月、札幌市東区にヒグマが出没し4人が重軽傷を負うなど、近年クマによる人の被害が相次いでいます。
専門家などによる検討会は12月20日、ヒグマの個体数が増加していることなどから2023年から4年間にわたり2月から5月までの狩猟期間外にクマ捕獲許可を出す"春期管理捕獲"の実施を決定しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/05d0b9aa173f9f901b2bd18c45f89c1bc8c9c8f5
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:42 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ