CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 野生生物 | Main | 獣害防止»
鹿・イノシシ 捕獲数被害額 増減に地域差 対策進度が影響 東海、関東、北陸↓↓ 東北、九州↑↑ 近畿、中・四国、九州、沖縄↑↓/日本農業新聞 [2021年10月24日(Sun)]
鹿やイノシシの捕獲数と農作物被害の動向に地域差が出ていることが、農水省の調査で分かった。捕獲数が増え被害額が減った地域がある一方、捕獲数、被害額とも増えた地域、捕獲数と被害額ともに減った地域もある。生息数や生息域、対策の進度などの状況が影響している。全国で今後予定する集中捕獲に向け、同省は実態に応じた効果的な対策の検討を各県に呼び掛ける。
https://www.agrinews.co.jp/news/index/33713
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日高川の猟友会 駆除した鳥獣を供養/和歌山/日高新報 [2021年10月22日(Fri)]
猟友会日高支部の矢田、丹生、早蘇、船着、川中、川上、寒川分会の2021年度鳥獣供養式が21日、日高川町船津の観音寺で開かれた。
https://www.hidakashimpo.co.jp/news1/2021/10/%E6%97%A5%E9%AB%98%E5%B7%9D%E3%81%AE%E7%8C%9F%E5%8F%8B%E4%BC%9A%E3%80%80%E9%A7%86%E9%99%A4%E3%81%97%E3%81%9F%E9%B3%A5%E7%8D%A3%E3%82%92%E4%BE%9B%E9%A4%8A.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東京に向けて北上中!? キョン大繁殖で被害拡大も「命乞いして鳴き叫ぶ」駆除への葛藤/千葉/excite.ニュース [2021年10月22日(Fri)]
キョン。繁殖力が高く、8か月の妊娠、出産後翌日から妊娠できる。そのため次々に増えた
https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_22225/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカやイノシシなど有害鳥獣捕獲の「秘密兵器」を五島市で披露/YAHOO!ニュース [2021年10月20日(Wed)]
2020年、野生のシカ1500頭、イノシシ500頭が捕獲された五島市で、新しい捕獲システムが導入されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/426e24d4a8f40e1ac7b07a1c716ee235045f30e3
Posted by NPOスサノオ事務局 at 21:21 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノホイと株式会社TSJ、鳥獣捕獲のための無料セミナー第二弾を開催/JIJI.COM [2021年10月18日(Mon)]
鳥獣被害対策ソリューションを提供する「イノホイ」を運営する株式会社refactory(以下、refactory 本社:宮崎県宮崎市、代表取締役 守屋将邦)は、株式会社TSJ(代表取締役:仲村 篤志 以下TSJ)と協同で、害獣捕獲のための無料オンラインセミナーを開催させていただく運びとなりましたので、ご案内いたします。
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000018.000037321&g=prt
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猟友会員がシカを狙い発砲、銃弾金属片が別の会員に当たる 5針縫うけが/京都/京都新聞 [2021年10月12日(Tue)]
10日午後1時20分ごろ、京都府福知山市三和町芦渕の山中で、有害鳥獣の駆除をしていた三和支部猟友会の80代男性がシカを狙って発砲した銃弾の金属片が、一緒に活動していた70代男性に当たった。70代男性は右肩付近を5針縫うけがをした。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/655727
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農地害獣対策のシステム開発 IoTで電気柵の異常を通知 管理の負担軽減/長崎/YAHOO!ニュース [2021年10月10日(Sun)]
人工知能(AI)などを活用した農業支援技術のコンサルティング業「日本アグテック合同会社」(長崎市、代表社員=末松謙一・末松電子製作所社長)は、モノのインターネット(IoT)を活用して、イノシシなどの害獣対策に使う電気柵の異常を農地所有者に知らせるシステムを開発した。電気柵の維持、管理をする農地所有者の負担軽減につながる。今後、量産化し、来年春からの販売を予定している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d866fe4a2ba774d35453ea1b706f516fc36abc10
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
IoTBASE、福島県昭和村とIoTを活用した有害鳥獣対策スマート化実証事業を開始 LoRaWANによる電気柵の電圧監視と捕獲罠のLTE-Mカメラ監視で住民の見回り負担を軽減/PRTIMES [2021年10月07日(Thu)]
IoTで企業のデジタル変革を支援するIoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下 IoTBASE)は、センサーやカメラなどIoTデータを統合管理するクラウドサービス「Canvas」が、福島県昭和村(昭和村長:舟木幸一、以下 昭和村)の実証事業にて採用されたことをお知らせします。近年急増するイノシシ、クマなど有害鳥獣被害対応のため、集落が設置する電気柵の電圧や、有害鳥獣駆除実施隊が設置する箱罠の状況を、IoT機器を活用し遠隔監視する実証事業が昭和村にて開始されました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000022569.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県がドローン使い、鳥獣生息状況調査 小国/山形/山形新聞 [2021年10月06日(Wed)]
県事業のドローンを活用した鳥獣被害対策の生息状況調査が5日、小国町市野沢地区で行われた。集落環境点検や野生動物の行動把握などで省力化を図り、高齢化の進む地域の負担軽減や対策推進が期待される。
https://www.yamagata-np.jp/news/202110/05/kj_2021100500128.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:38 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「弾丸が建物に到達しないと判断」「安全ではなかった」クマ駆除の危険性巡り対立 猟銃許可取り消し訴訟/北海道/北海道ニュースUHB [2021年10月03日(Sun)]
 北海道砂川市で2018年8月、市の要請を受けクマを駆除した猟友会のハンターの男性が、建物に向けて発砲したとして所持許可を取り消されたのは不当だとして、北海道に処分の取り消しを求めている裁判が10月1日行われ、証人尋問で当時の状況を巡り現場にいた4人が証言しました。
https://www.uhb.jp/news/single.html?id=23377
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ