• もっと見る
« 野生生物 | Main | 獣害防止»
ハンター報酬増額を検討へ 奈井江町長が協議の考え示す ヒグマ駆除で猟友会が協力辞退 北海道/livedoor [2024年05月27日(Mon)]
北海道奈井江町の猟友会が、人員不足や報酬額の低さなどを理由にクマ出没時の対応を辞退したことを受け、町長は27日朝に取材に応じ、報酬額について再検討すると答えました。
https://news.livedoor.com/article/detail/26484591/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:51 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ運搬中に斜面から転落、66歳男性死亡 郡山の林道/福島/福島民友新聞 [2024年05月27日(Mon)]
26日午前11時20分ごろ、郡山市熱海町高玉の林道で、同市熱海町高玉字地福、無職の男性(66)が斜面から転落し、死亡した。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20240527-859969.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市街地でクマ狩猟可能 環境省検討会、法改正へ方針提示/日本経済新聞 [2024年05月24日(Fri)]
昨年度過去最多の人的被害が出たクマ対策に関し、環境省の専門家検討会は23日、一定の条件下で市街地での銃猟が可能となるよう鳥獣保護管理法の改正を柱とする対応方針案について議論した。大きな異論は出ず、法改正を目指す見通しとなった。検討会は夏ごろに方針として正式に取りまとめる予定。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE239L90T20C24A5000000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「全国のハンターの代弁として言っている」日当8500円…あまりに低すぎる ”報酬額” などを巡り ハンターがクマ駆除への出動を”辞退” 北海道奈井江町の猟友会/FNN [2024年05月22日(Wed)]
クマの出没が相次ぐ中、北海道北部の奈井江町ではハンターへの報酬額などをめぐり、地元猟友会が出動を辞退する方針を明らかにし波紋を呼んでいます。
「怒りじゃない、呆れてものが言えない」(北海道猟友会 砂川支部奈井江部会 山岸辰人 部会長)
猟友会・奈井江部会は、クマが出没した際のハンター出動を辞退する方針を決めました。
https://www.fnn.jp/articles/-/702802
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
“クマ発見にAI監視カメラ” 自動で撮影しメール送信 花巻/岩手/NHK [2024年05月16日(Thu)]
市街地に現れるクマが増えていることから、岩手県花巻市は早くクマを発見しようと市内にAI=人工知能を活用した監視カメラの設置を進めていて、15日、市がカメラが作動する様子を報道関係者に実演しました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20240515/6040021587.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:52 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生動物にGPS、行動調査 亀山市が獣害対策推進 三重大、県猟友会支部と協定/三重/伊勢新聞 [2024年05月10日(Fri)]
亀山市は8日、三重大学生物資源学研究科と県猟友会亀山支部の三者で「獣害被害対策推進協定」を締結したと発表した。
https://www.isenp.co.jp/2024/05/10/110009/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:57 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ出没増、銃猟規制の見直し議論…猟友会「『今なら撃てる』という状況で発砲可能にしてほしい」/読売新聞 [2024年05月09日(Thu)]
環境省は9日、市街地に出没するクマ対策として銃猟規制の見直しを議論する専門家検討会の初会合を開いた。検討会は、鳥獣保護法の改正を含めた対応方針を夏にもまとめる。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240509-OYT1T50160/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:51 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キョン 茨城県内でも確認相次ぐ 対策強化へ目撃情報に報奨金/NHK [2024年05月09日(Thu)]
千葉県で大量に繁殖し、対策が課題となっている特定外来生物の「キョン」が、ここ数年、茨城県内でも相次いで確認され茨城県は、対策を強化しようと県内での目撃情報に報奨金を出す制度を設けることになりました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20240509/1070024035.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猟友会が設置した獣害対策のワナ イタズラでふさがれ猟師は落胆/福岡/livedoor [2024年05月08日(Wed)]
福岡県で、猟友会が設置した獣害対策のワナをふさぐ男の姿をカメラが捉えた
動物が入って初めて閉まる「ワナ」は、一度閉まると捕まえることができない
猟師は「獣害に困っている方のために設置しているんですけど…」と落胆した
https://news.livedoor.com/article/detail/26367682/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:20 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ駆除 参加の男性が散弾銃で被弾し軽傷 石垣市・沖縄/琉球新報 [2024年05月06日(Mon)]
4日午後2時ごろ、新石垣空港付近の国道390号から西側1・5キロの牧草地で、イノシシを狩猟していた石垣市の契約社員の男性(57)に、一緒に狩りをしていた害獣駆除チームのメンバーが発砲した散弾銃の弾丸が当たった。男性は左腕に散弾が被弾し、軽傷を負った。市内の病院で手当てを受けたという。
https://ryukyushimpo.jp/news/national/entry-3046407.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:45 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ