CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 狩猟 | Main | 有害鳥獣»
野生化牛駆除 対策練り直しへ/沖縄/八重山毎日新聞 [2021年09月25日(Sat)]
伊原間―明石間の東側に生息する野生化牛の対策事業費約335万円が2021年度一般会計9月補正予算から議会で削除されたことを受け、石垣市は駆除計画の練り直しを余儀なくされている。議会は駆除の必要性を認めつつ市の経費負担のほか実効性を疑問視、猟友会からも「自信がない」との声が漏れる。市は再度、関係機関で構成する対策協議会で調整する。
https://www.y-mainichi.co.jp/news/37818
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:44 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマビル増加、シカなど運搬か 住民ら苦慮 南阿蘇村外輪山麓/熊本/熊本日日新聞 [2021年09月23日(Thu)]
熊本県南阿蘇村の南外輪山麓で人や動物の血液を吸うヤマビルの生息域が拡大し、地域住民が対応に苦慮している。近年、人里へ頻繁に出没するイノシシやシカと共に麓に降りているとみられ、村も駆除剤を試験的に散布するなど、拡大防止策を検討している。
https://kumanichi.com/articles/405074
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マダニは都市部の公園にも生息?注意すべき場所と予防法や対処法/ウエザーニュース [2021年09月14日(Tue)]
秋の活動で用心したい害虫の1つがマダニです。特に今年はマダニが媒介する感染症・「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の感染例が増えるなど、マダニの健康被害が懸念されています。注意すべき場所や対策について、虫ケア用品大手・アース製薬に教えていただきます。
https://weathernews.jp/s/topics/202109/020255/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:43 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋の熊対策 生活圏への接近防ごう/日本農業新聞 [2021年09月08日(Wed)]
熊による人身被害が後を絶たない。直近2年間の被害者数は過去最悪の水準。昨年は秋に大量出没し、農作業中に遭遇するケースも多かった。今秋も警戒が必要だ。行政は地域住民に改めて注意喚起し、人の生活圏に近づけない対策を推進、徹底すべきだ。
https://www.agrinews.co.jp/opinion/index/24440
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【動画】クマ、わなの前でリラックス 尻をこすり 寝転んで腹をかく/宮城/河北新報 [2021年08月12日(Thu)]
イノシシ捕獲用の箱わなの角に尻をこすりつけたり、目の前に寝そべって脇腹をかいたり―。仙台市太白区秋保町長袋地区に設置した自動撮影するカメラが、大胆なクマの姿をとらえました。カメラの設置当初はしきりに人間を警戒していたクマですが、次第に慣れた行動を取るようになってきました。
https://kahoku.news/articles/20210812khn000032.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:37 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山形県で絶滅のはずのイノシシが増殖…救世主は「ジビエ料理」か/日刊ゲンダイ [2021年08月12日(Thu)]
山形県では明治末期以降、「絶滅種」とされていたイノシシが近年増え続け、農作物への被害が増えている。県環境部によると、「2019年は422トン相当の稲や飼料作物、かぼちゃなどの野菜が被害に遭い、その額は7438万円ほどに上る」という。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/293181
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:36 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
<スポットライト ひと>野生動物対策専門員 香取草平さん/中日新聞 [2021年08月10日(Tue)]
松本市安曇の自然公園財団上高地支部で、ニホンザルやツキノワグマ、ニホンジカ対策を担当する野生動物対策専門員。上高地では近年、サル、クマともに人に慣れた個体が現れ、希少な植物への食害をもたらすシカの目撃件数も増えている。自然保護と観光の両立が迫られる標高千五百メートルの景勝地で奔走する香取草平さん(27)に、野生動物対策の意義と今後を聞いた。 
https://www.chunichi.co.jp/article/308146
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:41 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【動画】クマ、わなを避けて悠々と食事 仙台・秋保の山林/河北新報 [2021年08月09日(Mon)]
仙台市太白区秋保町長袋地区の山林に、体長1メートル強のクマが出没した。住民グループが地区の一部の8カ所にイノシシ捕獲用の箱わなを仕掛けている。クマはこのうちの一つに現れた。わなを避けてイノシシ用のまき餌の米ぬかを横取りして食べ、悠然と山の中に消えていった。
https://kahoku.news/articles/20210808khn000014.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マダニ感染症とは かまれると感染の可能性、死亡例も/日本経済新聞 [2021年07月21日(Wed)]
マダニが媒介する感染症のことで、最近では特にウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を指す。SFTSウイルスは主にシカやイノシシ、アライグマなどの野生動物からマダニが媒介して人に感染する。致死率は10〜30%程度と高く、死亡例の報告もある。感染地域は西日本を中心に徐々に拡大している。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQONA067WB0W1A700C2000000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「なんじゃこれ」「思わず写真撮った」 SNSをザワつかせる”鹿の角自販機”/徳島新聞 [2021年07月17日(Sat)]
「怪しい自販機を発見」「思わず写真を撮ってしまった」。徳島市内に設置されているという自動販売機が、会員制交流サイト(SNS)をざわつかせている。徳島新聞メディア編集部はその真相を探るため、インスタグラムに掲載された写真やツイッターの書き込みを頼りに現場付近へと車を走らせた。
https://www.topics.or.jp/articles/-/559663
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ