• もっと見る
« NPOスサノオ | Main | 野生生物»
凶悪犯罪抑止の銃規制強化は獣害対策の妨げか 懸念表明の自治体にハンター減少への危機感/産経新聞 [2024年02月27日(Tue)]
凶悪な銃犯罪が相次ぎ、警察庁が銃規制強化を掲げる中、クマなどの獣害に苦悩する自治体などが対策への影響を懸念している。猟に使うハーフライフルの所持基準が厳しくなれば、ハンターの減少や高齢化に歯止めがかからなくなる恐れがあるからだ。担当大臣から獣害対策への配慮を求める発言が出たことで、警察庁との足並みの乱れを不安視する声も上がった。
https://www.sankei.com/article/20240227-DEBYQJC7H5MVJCFIRMG5BVG2OI/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:52 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
巨大イノシシの毛「幸運のお守りに」 静岡猟友会が捕獲、供養/YAHOO! [2024年02月27日(Tue)]
静岡猟友会西奈支部は26日、1月下旬に竜爪山(静岡市葵区)の山麓で捕獲した全長約1・4メートル、体重100キロを超える巨大イノシシの供養祭を同区北沼上の良富院で執り行った。イノシシの毛から力強い生命力にあやかったお守りも作り、開運と無病息災を祈願した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f8ae7b30f98bf78a2f446a23827d5a8f845d3735
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:50 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟の魅力まるわかりフォーラムを開催/北海道/EIC [2024年02月27日(Tue)]
環境省は、北海道江別市において、鳥獣保護管理の新たな担い手確保及びジビエ利用の推進を目的とする、狩猟の魅力まるわかりフォーラムを開催する。
https://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&serial=50288
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ捕獲、メールで通知 茨城・高萩で実証実験 わなにICT活用 猟師の見回り負担軽減/茨城新聞 [2024年02月25日(Sun)]
農作物を荒らすイノシシなど害獣捕獲を巡り、情報通信技術(ICT)を活用したわなの実証実験が茨城県高萩市で進められている。害獣がわなにかかるとメール通知される仕組みで、険しい山林を見回る作業の効率化を図るのが狙い。駆除を担う猟師は高齢化などで人手不足に陥っており、最新技術で負担軽減を目指す。
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=17087775778421
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「マタギ」がカプセルトイに 好評で完売続出 猟銃など細部まで精巧に/北鹿新聞 [2024年02月25日(Sun)]
北秋田市に伝わる「阿仁マタギ」をモデルにしたカプセルトイ「マタギ」が全国で販売されている。グッズの企画・製造などを手がけるブシロードクリエイティブ(本社・東京都)が、同市やマタギの里観光開発の協力を得て商品化。細部まで忠実に再現された造形や種類の豊富さがSNS(交流サイト)上で注目を集めている。
https://www.hokuroku.co.jp/pages/51/detail=1/b_id=974/r_id=7546/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:00 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
深刻…エゾシカの食害 これが“ドローン”を使った最新「巻狩り猟」 密着!シカ猟最前線 札幌/STV [2024年02月25日(Sun)]
シカによる農業被害を減らそうと、札幌市南区で大規模なシカ猟が行われました。
林の中で動きまわるシカを探すのはハンターにとって大きな負担です。
そこにひと役買ったのはドローンです。
https://www.stv.jp/news/stvnews/sh87dd000000scgw.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:59 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
車から散弾銃で禁止区域のカモ射撃 容疑で会社役員逮捕 茨城/毎日新聞 [2024年02月20日(Tue)]
狩猟してはいけない区域で散弾銃を撃ってカモを捕獲しようとしたとして、茨城県警稲敷署は20日、東京都足立区興野2、会社役員、渡辺義雄容疑者(76)を銃刀法違反と鳥獣保護法違反などの疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。
https://mainichi.jp/articles/20240220/k00/00m/040/212000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:11 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハーフライフル所持条件の厳格化、狩猟学者が指摘する複数の問題点/朝日新聞 [2024年02月20日(Tue)]
エゾシカやヒグマの保護管理に有効な猟銃「ハーフライフル」の所持条件を厳格化する銃刀法改正案が、開会中の通常国会に提出される予定だ。北海道内の行政や関係団体の強い反発を受け、特例措置が検討されている。だが、まだ課題は多いようだ。この問題点について、一般社団法人エゾシカ協会(江別市)の副会長で、ハンターでもある伊吾田宏正・酪農学園大学准教授(狩猟管理学)に語ってもらった。
https://www.asahi.com/articles/ASS2M5W0JS2MIIPE003.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:11 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハンターさん いっらっしゃい¢蛹^鳥獣の捕猟体験ツアー企画 北海道/YAHOO! [2024年02月17日(Sat)]
愛好家を増やして農林被害防止へ
北海道は、エゾシカをはじめとした野生鳥獣を捕獲する担い手の確保へ、2024年度当初予算案で道外の狩猟者を呼び込むための体験ツアーの実施を盛り込んだ新事業を始めると発表した。道内の猟区で道特有の大型鳥獣を捕獲するまでの流れを体験してもらい、狩猟愛好家を増やして鳥獣被害防止につなげる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5cd0e1460814ad97fd03f7a774f866c603a11022
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:51 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
時速60キロで走るヒグマに反撃される恐れもあった「ハーフライフル規制強化」 警察庁が"見直し"…初心者でも所持可能に 北海道のハンターや猟友会も一安心/北海道ニュースUHB [2024年02月16日(Fri)]
猟銃「ハーフライフル」の所持の規制強化について、警察庁は現行通りに初心者でも所持できるようにする方針を固めました。
https://www.uhb.jp/news/single.html?id=40767
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:35 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ