CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« NPOスサノオ | Main | 野生生物»
奄美群島出身の男性、移住先に福井県を選んだ理由 山間で狩猟の日々「ないものあった」/福井新聞 [2021年10月24日(Sun)]
「人間やっぱり、ないものねだり。自分にとっての『ないもの』がここにはあった」。大野市和泉地区で暮らす前底智秀さん(30)は奄美群島にある鹿児島県喜界町の出身。山と川、雪を求め2018年、大野市に移住した。今年8月まで地域おこし協力隊として鳥獣害対策に当たり、現在は狩猟の腕を磨いている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1422896
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:34 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
草むらに隠れて獲物を狙えそう!? 緑のCT125・ハンターカブが2022年1月に登場!/モーサイ [2021年10月22日(Fri)]
キャンプや林道散策など、アウトドアレジャーにも使える125ccモデルとして大人気のホンダ CT125・ハンターカブに新色「パールオーガニックグリーン」が追加されます。
https://mc-web.jp/motorcycle/63288/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:54 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシの狩猟 豚熱の防疫措置徹底を/日本農業新聞 [2021年10月22日(Fri)]
本格的な狩猟シーズンを迎える。豚熱の感染源とされる野性イノシシの捕獲の重要性は高まっている。一方で、感染イノシシに接触し、意図せずウイルスを広める可能性もある。狩猟者に、防疫措置の徹底を改めて求めたい。
https://www.agrinews.co.jp/opinion/index/33320
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟で使う「鉛」銃弾、相次ぐ鳥類の中毒死…獣医師「知識不十分なハンターも多数」/読売新聞 [2021年10月19日(Tue)]
狩猟に使われる鉛の銃弾で鳥類の中毒死が相次いでいるとして、環境省は全国調査に乗り出す方針を固めた。既に鉛弾が規制されている北海道を除いて本州以南で実施し、2025年度から段階的に鉛弾の使用を規制する。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211019-OYT1T50101/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 21:14 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマにひっかかれ頭の皮がペロッと剝がれても山刀で返り討ちに…“伝説のマタギ”たちのヤバい“狩猟技術”/YAHOO!ニュース [2021年10月17日(Sun)]
「さあ、いくべ」「無理するこたぁねえシャ」動物文学作家が同行した“マタギ”の狩猟…野営地で過ごした一晩の出来事 から続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/65dd94df6bb63a9e81e2aa394d8ce45848faef6c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:43 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県警の職員らが猟銃所持に関する虚偽の書類を作成 4人を書類送検 山梨/YAHOO!ニュース [2021年10月16日(Sat)]
猟銃所持に関して虚偽の書類を作成したなどとして、県警は職員と元職員の計4人を書類送検しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/225103f12815b1b862bc924eebb7fa5082ccd69d
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:44 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
狩猟未経験者対象にセミナー 県、21日まで参加者募集/福島/福島民友新聞 [2021年10月07日(Thu)]
県は23日、郡山市労働福祉会館で狩猟未経験者を対象とした「狩猟はじめてセミナー」を開く。参加無料。21日まで参加者を募集している。定員は20人。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20211007-659973.php
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
耕作放棄地に自作の射的場 宝達志水で前多さん/石川/中日新聞 [2021年10月01日(Fri)]
宝達志水町聖川(ひじりかわ)の山間地にある耕作放棄地に、所有者のカメラマン前多弘樹さん(73)が手作りの射的場「ロックオン」を整備した。リモコン操作で動かす無人小型トラクターの的を狙うなど元農地ならではの趣向を凝らし、「自然の中で楽しんでコロナ禍のストレスを解消して」と話す。住民の減った集落に人を呼び込み、人家近くに現れるイノシシやクマを追い払うことにも役立てたい考えだ。
https://www.chunichi.co.jp/article/339652
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
探検家・角幡唯介による、狩りと旅についての最新刊『狩りの思考法』10月29日発売!いつもと同じ生活が、少しだけ違った景色に見えてくる/PRTIMES [2021年10月01日(Fri)]
株式会社清水弘文堂書房(東京都目黒区)は、角幡唯介著『狩りの思考法』を2021年10月29日(金)に発売いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000087185.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:00 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
増えるツキノワグマ 今秋から狩猟解禁 京都府/両丹日日新聞 [2021年09月30日(Thu)]
京都府は今年度の狩猟期間(11月15日〜来年2月15日)から、ツキノワグマの狩猟を解禁する方針を決めている。府内のツキノワグマの頭数が増えてきているためで、狩猟が解禁となれば、府内では約20年ぶりとなる。
https://www.ryoutan.co.jp/articles/2021/09/92203/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:15 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ