• もっと見る
« ジビエ | Main
千葉県・南房総で「いきつけの田舎」つくるプログラム、DIYや狩猟をプロが指南、近ツーが企画協力/トラベルボイス [2022年11月02日(Wed)]
千葉県・南房総を中心に事業開発を手がける合同会社AWATHIRDは2022年12月から、地域課題と自給自足スキルを学ぶプログラム「ヤマナアカデミー」を実施する。
https://www.travelvoice.jp/20221031-152264
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:38 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
デジタル革職人と妄想発明家が共演 高知・佐川町協力隊2人が展覧会10/14からカフェ「キリン館」/高知新聞 [2022年10月12日(Wed)]
高岡郡佐川町の地域おこし協力隊員2人が14〜16日、自身の作品を並べた展覧会を同町甲の雑貨店兼カフェ「キリン館」ギャラリーで開く。イノシシやタヌキなど野生動物の皮を使ったレザー製品を手がけるデジタル革職人¥シ田夕輝さん(25)と、甘酸っぱい青春を題材にした放課後片想い系妄想発明家≠スいがー・りーこと平井博さん(47)。2人のユニークなアイデアと個性が詰まった展示で、ものづくりの魅力を発信する。
https://www.kochinews.co.jp/article/detail/600137
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:20 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
山梨でジビエを満喫 狩猟学校からレストラン、ワイン、伝統工芸まで(前編)/朝日新聞 [2022年10月06日(Thu)]
いよいよ食欲の秋! 秋は旬の味覚が盛りだくさんですが、みなさん、ジビエ料理はお好きですか? ジビエとは、狩猟によって得た野生の鳥獣肉で、日本ではシカやイノシシ、クマなどがよく料理に使われています。最近は、畑の農作物を荒らす被害も増えていることから、害獣駆除として捕獲されたシカやイノシシをジビエとして有効活用しようという動きも増えてきました。山梨県では「やまなしジビエ」という独自の認証制度を作り、より衛生的で安全・安心なジビエの提供を推進しています。県内の飲食店も素材や品質にこだわりを持っているところが多く、おいしいジビエが食べられるらしいといううわさにひかれ、山梨へやってきました。
https://www.asahi.com/and/article/20221005/423061618/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 21:07 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
全国の野生のシカの原皮を受け入れる、草加レザーの挑戦。/FIGARO.jp [2022年09月30日(Fri)]
「レザーの街」埼玉県草加市では、全国各地から野生動物の原皮を受け入れ、鞣し加工を請け負うプロジェクトが始まっている。
https://madamefigaro.jp/fashion/220929-kawakyun.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 21:15 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
行方不明者捜索で連携協定 岡山西署と猟友会2分会、県内初/山陽新聞 [2022年09月22日(Thu)]
山間部に詳しい猟友会メンバーの知識や技術を行方不明者の捜索などに活用してもらおうと、岡山西署は21日、管内にある県猟友会岡山地区の2分会(岡山西、岡山北)と連携協定を結んだ。県警によると、同種の協定締結は県内で初めて。
https://www.sanyonews.jp/article/1310728
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
“駆除シカ” 革製品で “鹿踊り” 継承支援 伝統芸能守る新たな取り組み<岩手・一関市>/FNN [2022年06月21日(Tue)]
農作物を荒らすために駆除されたシカの皮を使って鞄などの革製品を作り、その売り上げの一部を「鹿踊り」の継承につなげる支援を岩手県一関市の老舗染物店が始めた。
https://www.fnn.jp/articles/-/378140
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
足腰の健康を守るイノシシ神社・護王神社を参拝<京都パワースポットC>/るるぶ [2022年02月17日(Thu)]
京都のパワースポットを巡る特集の第4弾。今回は、足腰の健康にご利益のある護王神社を紹介します。境内には、神社に伝わる逸話からイノシシの像が数多く鎮座。またおみくじもイノシシをかたどったものがあり、参拝者からかわいいと人気です。今年の健康を願ってお参りに行きましょう。
https://rurubu.jp/andmore/article/15528
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:19 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
滑らか、すぐれた吸湿性 駆除したシカの皮、財布などに商品化/毎日新聞 [2022年02月02日(Wed)]
登山者向け地図アプリ「YAMAP」を運営するヤマップ(福岡市博多区)は、農業や森林被害などのために駆除されたシカの皮を利活用し、財布やポーチなどの革製品を商品化、販売している。
https://mainichi.jp/articles/20220201/k00/00m/040/279000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:52 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駆除エゾシカ素材のジーンズ開発 オイカワデニム「命の大切さ思う一本に」/宮城/河北新報 [2022年01月26日(Wed)]
宮城県気仙沼市のジーンズ製造会社「オイカワデニム」は、北海道で駆除されたエゾシカの毛を使ったジーンズを開発している。同社が手掛けるメカジキの一部を使ったジーンズに続き、動物を衣類として再生させるシリーズの第2弾。社長の及川洋さん(48)は「自然や命の大切さに思いを寄せてもらえる一着になれば」と願いを込める。
https://kahoku.news/articles/20220125khn000035.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:59 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
野生の力“滑らない”お守り 長野原町猟友会長・大矢さんが中3に贈る シカやイノシシの爪で制作/群馬/上毛新聞 [2021年12月29日(Wed)]
群馬県の長野原町猟友会長の大矢力さん(74)=同町大津=が、町内の中学2校の3年生40人全員にシカやイノシシの爪で制作したお守りを贈った。シカやイノシシは爪の効果で下り坂でも滑らないことに目を付け、受験生のために心を込めて自作した。
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/49745
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:44 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ