• もっと見る
« アンドロイド | Main | イベント»
【全国ジビエフェア】 「ジビエであったか鍋特集」コンテンツを紹介 “ご当地ジビ活”を楽しむ各地イベント情報に9地域を追加/PRTIMES [2023年01月27日(Fri)]
全国約1,797の全国のジビエメニューを提供する飲食店、ホテルや、ジビエ等を販売する小売店、ECサイトが参加し国産ジビエの魅力を発信する「全国ジビエフェア」
千葉県、 岐阜県(一部首都圏対象)、鳥取県、徳島県、高知県、熊本県、神奈川県伊勢原市、福井県嶺南地域、宮崎県西米良村など各地のジビエイベント開催!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001231.000001511.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:42 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クマ肉買える自販機、田沢湖駅前に登場 「秋田の豊かな食知って」/秋田魁新報 [2023年01月25日(Wed)]
秋田県仙北市のJR田沢湖駅前にある物産館「田沢湖市(いち)」。駐車場側出入り口(南口)にある冷凍食品を扱う自動販売機には、来館者が思わず足を止めて見入ってしまう商品がある。地元産クマ肉だ。「こんな自販機は他にないんじゃないかな。秋田の豊かな食を知ってもらえたらいいですね」。自販機を置く鶴の湯温泉の佐藤大志社長(49)は笑う。
https://www.sakigake.jp/news/article/20230125AK0013/?nv=akita
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:50 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
合計100名に千葉県産品などをプレゼント「房総ジビエフェア2023」2/28まで開催中 おいしいをもっと手軽に!ジビエでSDGs/PRTIMES [2023年01月25日(Wed)]
房総ジビエの普及と消費拡大、飲食店支援を目的とした「房総ジビエフェア2023」を2023年1月20日(金)〜2023年2月28日(火)開催します。千葉県の野生鳥獣被害対策で捕獲された房総ジビエ(イノシシ・シカ肉)を使用した、多彩なメニューが味わえる「房総ジビエフェア2023」。「第5回房総ジビエコンテスト」の受賞メニューも味わえます。また、千葉県産品などが当たるプレゼントキャンペーンも実施します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000053539.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:49 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの命を余さず使いたい/北海道/NHK [2023年01月18日(Wed)]
農作物を食い荒らしたり交通事故を起こしたりとエゾシカによる被害は後を絶ちません。シカの駆除も進んではいますが、そのほとんどは廃棄物として処分されています。そんなシカの命を「余さず活用しよう」という動きが中標津町で進んでいます。
https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-n66f6f22ef660
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:00 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「余すことなくシカを活かす」ジビエビジネスに挑む若き経営者/京都/NHK [2023年01月17日(Tue)]
畑を荒らす厄介者のシカやイノシシ。
捕獲された後、どうなるかご存じですか?
ジビエに活用されるのはおよそ1割。
残りの多くは、処分されるのが現状です。
「せめておいしく頂きたい」
シカの獣害対策に携わりながら、余すことなく活用しようと奮闘する25歳の若き社長を取材しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230117/k10013951031000.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高校生が災害時用缶詰開発、販売へ 害獣駆除されたシカの肉使用/兵庫/毎日新聞 [2023年01月15日(Sun)]
害獣駆除されたシカの肉を使って、災害時用の備蓄食料となる炊き込みご飯を私立東洋大姫路高校(兵庫県姫路市)の生徒たちが開発した。阪神大震災の発生から28年の17日、神戸市である防災イベントで販売する。
https://mainichi.jp/articles/20230115/k00/00m/040/057000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:50 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
たんば解体新書 捕獲鳥獣の有効活用#廃棄からの転換 鹿肉をペットフードに/兵庫/神戸新聞 [2023年01月14日(Sat)]
鹿肉を加工したペットフードが、兵庫県丹波篠山市内で相次いで発売されている。鹿肉や猪(しし)肉はジビエ(野生鳥獣の肉)として注目されているものの、害獣として駆除される鹿の肉は、地中へ埋めるなど廃棄されることが多い。「鹿肉はヘルシーで栄養価が高い食材。ペットフードとして、命を少しでも無駄なく使えれば」と関係者らは語る。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/202301/0015963202.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:41 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「令和4年度ジビエ連携フォーラム」の開催について/岡山/中国四国農政局 [2023年01月13日(Fri)]
農林水産省中国四国農政局は、令和5年2月1日(水曜日)に岡山第2合同庁舎10階A・B会議室において「令和4年度ジビエ連携フォーラム」を開催します。これにより、捕獲した野生鳥獣の食肉以外での多用途利用(ペットフード、皮革等)の普及拡大を図るとともに、これらの活動に取り組む関係者の相互連携を図ります。
https://www.maff.go.jp/chushi/press/shigen/230113.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
捕獲した猪「1頭でも埋めない」が信念 引き継いだ農家食堂は黒字営業/島根/ツギノジダイ [2023年01月09日(Mon)]
2022年5月、松江市の山あいに、地域で獲れた猪肉をふるまう食事処がオープンしました。「安分亭」(あんぶんてい)です。猪肉を軸に地域振興に取り組む合同会社「弐百円」の代表社員、森脇香奈江さん(41歳)が、店じまいを決めた前店舗を引き継ぐ形で始めました。駆除され、ただ埋められていく夏のイノシシ。人情味と風情がありながら、幕を下ろしていく農家食堂。価値があるのに生かされぬものを「知足安分」(高望みをせずに自分の境遇に満足すること)の精神で見つめなおそうとしています。
https://smbiz.asahi.com/article/14797467
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:48 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣被害対策や地域活性化を目指す、農林水産省「令和4年度鳥獣利活用推進支援事業(利活用推進)」第7回ジビエ料理コンテストにおいて リゾートトラスト「ローズルーム名古屋」料理長 井上 啓史 が受賞/PRTIMES [2023年01月06日(Fri)]
リゾートトラスト株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:伏見 有貴)が運営する会員制レストラン「ローズルーム名古屋」の料理長 井上 啓史が、「第7回ジビエ料理コンテスト」プロ部門において【一般社団法人日本エスコフィエ協会会長賞】を受賞しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000047917.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:34 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ