CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« アンドロイド | Main | イベント»
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
今話題のジビエを気軽にリーズナブルに ヘルシーでワイルドな味わい 農作物被害対策にも一役 「全国ジビエフェア」開催中/産経新聞 [2020年01月24日(Fri)]
シカやイノシシといった野生鳥獣肉の「ジビエ」が話題だ。昨年放送されたテレビドラマでも取り上げられ、関心が高まっている。ジビエというと、食通好みの高級グルメというイメージが強いが、気軽にリーズナブルに楽しめるフェアが開かれている。外食業界団体の日本フードサービス協会が2月28日まで実施している「全国ジビエフェア」だ。農作物への被害対策で捕獲されたシカやイノシシの有効利用を目的に行われているもので、居酒屋や焼き鳥店、カジュアルなバルなど幅広いジャンルの全国約1000店がジビエ料理を提供している。話題のジビエを体験するには絶好の機会だ。
https://www.sankei.com/life/news/200124/lif2001240002-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
岡山・建部町でジビエレザーを使った商品開発 靴工房とのコラボも/岡山経済新聞 [2020年01月23日(Thu)]
「建部(たけべ)獣皮活用研究所」が現在、ジビエレザー商品の事業拡大に取り組んでいる。
https://okayama.keizai.biz/headline/915/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高知)シカなどの独自のメニュー よさこいジビエフェア/朝日新聞 [2020年01月22日(Wed)]
シカやイノシシなどのジビエ料理を高知県内17市町村の51店で楽しめる「よさこいジビエフェア2020」が始まっている。「イノシシのすき焼き」「鹿バーガー」「猪肉のビール煮込み」など独自のメニューが楽しめる。県鳥獣対策課の企画。3月13日まで。
https://www.asahi.com/articles/ASN1H3SLYN1HPLPB002.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:25 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
愛犬も優雅に? ジビエ料理いかが/産経新聞 [2020年01月17日(Fri)]
最近注目が高まっているジビエ(野生鳥獣)料理。もともとはヨーロッパで貴族の伝統料理として発展してきた食文化とされる。このジビエ肉のインターネット通販を行っている会社が、広島市中区にある「Forema」。だが、同社が扱っているのは普通のジビエ肉だけではない。イヌなどのペット用の餌も多数取りそろえているのだ。
https://www.sankei.com/life/news/200117/lif2001170002-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「よさこいジビエフェア」高知県内51店で1/15から プレゼントも/高知新聞 [2020年01月15日(Wed)]
シカやイノシシなどの肉をつかったジビエ料理が県内各地の飲食店で味わえる「よさこいジビエフェア2020」が1月15日から始まる。3月13日まで。
https://www.kochinews.co.jp/article/338048/?1==1
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「阿波地美栄」料理レシピグランプリで「シカ肉のガパオライス」最優秀 西アさん(三好)考案 徳島市で12日試食会/徳島新聞 [2020年01月10日(Fri)]
徳島県産のシカ肉やイノシシ肉といったジビエ(野生鳥獣肉)を使った料理のアイデアを競う「『阿波地美栄』料理レシピグランプリ」(県主催)で、三好市池田町イケミナミの飲食店経営の西ア健人さん(35)が考案した「シカ肉のガパオライス」が最優秀賞に選ばれた。12日、県が徳島市で開く「阿波地美栄×狩猟フェスタ」で振る舞われる。
https://www.topics.or.jp/articles/-/307657
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:36 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「淡路島のジビエ知って」大学キャンパスに処理施設 南あわじ/兵庫/神戸新聞 [2020年01月10日(Fri)]
獣害対策で捕獲したイノシシやシカの肉を活用するための食肉処理加工施設「志知ジビエ」が、吉備国際大学南あわじ志知キャンパス(兵庫県南あわじ市)に完成した。同大とジビエを扱う業者「アスカ」(神戸市)が共同でオープン。野生獣の捕獲に取り組む同大狩猟部の学生は「淡路島のジビエを知って、おいしく食べてもらいたい」と話す。
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202001/0013020727.shtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
神戸発ジビエ鹿革専門バッグブランド、クラウドファンディングで先行予約開始/神戸経済新聞 [2020年01月08日(Wed)]
神戸の鞄職人によるジビエ鹿革専門バッグブランド「エニシカ」が1月10日より、商品の先行予約販売を行う。
https://kobe.keizai.biz/headline/3263/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:52 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【狩猟】罠シェアリングのスタートアップ企業「株式会社カリラボ」が猟期シーズン後期入会キャンペーン開始/PRTIMES [2020年01月07日(Tue)]
株式会社カリラボ(創業:吉田 隼介、本社:秩父郡横瀬町、以下カリラボ)は、猟期(*1)後期に差しかかる2020年1月8日より、「ワナシェア」(*2)(罠シェアリング事業)にて、希望者向けにシーズン後期入会キャンペーンを実施いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000049147.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:35 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
家庭レベルにまで広がる日本産「地ジビエ」 地域ブランド化の可能性は/日本食糧新聞 [2020年01月07日(Tue)]
「ジビエ」という言葉は、ひと昔前までは一部の食通にしか知られていなかった。しかし、農林水産省や自治体の野生鳥獣被害対策の一環で食材名称として使用されるようになったことで、急速に食シーンの一般名詞となりつつある。元々、冬の狩猟シーズンには、ぼたん鍋(いのしし)や鴨鍋などで食されてきた歴史をもつ日本の野生鳥獣だが、ここにきてその食材としての可能性が都市部、そして家庭の食卓レベルにまで広がっていることに注目したい。
https://news.nissyoku.co.jp/column/matsumoto20200106
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:34 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ