• もっと見る
«獣害対策のエキスパートは公務員 京都・福知山市の望月優さん/産経新聞 | Main | 農業と狩猟の二刀流生活「ジビエ女子」おいしい肉を全国へ 故郷の魅力発信へ挑戦の日々(島根・邑南町)/FNN»
クマ出没、AIで検知へ 瞬時に情報共有、政府が実証事業/東京新聞 [2024年04月30日(Tue)]
政府は、野生のクマによる人身被害の増加に対処するため、人工知能(AI)を使った検知システムの実証事業を近く開始する。監視カメラの映像からクマ出没をAIで瞬時に判断し、情報を関係機関と共有する。システムの有効性を確認できれば、人家周辺でクマ出没が多い都道府県に導入したい考えだ。政府関係者が29日明らかにした。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/324253
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:01 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント