• もっと見る
«狩猟の魅力を伝えるイベント ライフル銃シミュレーターで狩猟の疑似体験も 高齢化でハンター人口、ピーク時の3分の1に 北海道江別市/TBS | Main | 北海道で年間約15万頭駆除される”シカ”のほとんどが廃棄されるだけ…シカ肉の有効活用で試行錯誤 レストランのコース料理からペットフードまで/FNN»
NTTら、IoT技術を活用した野生鳥獣対策作業効率化の実証実験に成功/BUSINESS NETWORK [2024年03月22日(Fri)]
NTT、日本仮想化技術(VTJ)、ジャパン・マルチハンターズ、NPO法人おだわらイノシカネットの4者は2024年3月22日、屋外設置型IoT端末にレイヤデータ通信技術を実装し、これまで猟師の人力稼働に依存していた設置罠見回り作業時間を従来の半分以下に効率化できることを確認したと発表した。
https://businessnetwork.jp/article/19605/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:09 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント