• もっと見る
«全国でも珍しい “ペットフード専用”ジビエ加工施設 イノシシ、シカ肉を活用/愛媛/あいテレビ | Main | “頭を悩ますのはイノシシの番だ!” 特許技術で中山間地地域を守る。アムザス株式会社によるイノシシ侵入防止柵「イノシシガードシリーズ」開発ストーリー /PRTIMES»
「誰もいないと思った」狩猟で散弾銃を発砲 散弾の一部が仲間の男性に当たりケガ<福島県>/福テレ [2024年02月13日(Tue)]
2月12日午後3時30分頃、須賀川市吉美根字土橋付近の山林で狩猟をしていた男性(57)が散弾銃を発砲したところ、発砲した方向にいた男性(40代)に散弾の一部が当たった。
https://www.fukushima-tv.co.jp/localnews/2024/02/2024021200000009.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:37 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント