• もっと見る
«狩猟専門誌『狩猟生活』初のオンライントークイベント「狩猟とジビエ」、11月9日(木)18時〜、You Tubeで生配信!/PRTIMES | Main | イノシシ・シカの狩猟可能区域を拡大 農作物への被害軽減対策 広島県/FNN»
クマ 猟師助成や解体施設検討 大館市長定例会見 ジビエ「流通する仕組みを」/秋田/北鹿新聞 [2023年10月31日(Tue)]
大館市の福原淳嗣市長は30日の定例記者会見で、クマの異常出没を受けた対策として「ハンターへの助成や解体施設の整備を市で検討している」と明らかにした上で、「駆除したクマが経済的な財として流通する仕組みを作ることが山に関わっていくきっかけになる」との考えを示した。
https://www.hokuroku.co.jp/pages/51/detail=1/b_id=964/r_id=7145/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント