• もっと見る
«エゾシカの有効活用考える 中標津町でイベント/北海道/NHK | Main | 野生動物、人より多いのでは…荒廃する山「誰が守るのか」 秩父の91歳ハンターが引退 山の未来に憂い/YAHOO!ニュース»
鳥獣害対策にドローン 赤外線で対象捕捉へ 大館市 実証事業で可能性探る/秋田/北鹿新聞 [2022年11月27日(Sun)]
大館市は野生鳥獣による被害対策として、赤外線カメラ付きドローン(小型無人機)を活用した実証事業を始めた。「再造林」を促進する中で苗木の食害が課題となっており、毎年相次いでいる果樹や農作物の食害防止にもつなげたい考え。上空から、動く対象の居場所を把握できるか確かめ、実用化の可能性を探っている。
https://www.hokuroku.co.jp/pages/51/detail=1/b_id=943/r_id=6142/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント