• もっと見る
«「下手に撃てば殺される」“ハンター御用達”鉄砲師が語る、ヒグマの頭を絶対に狙ってはいけない理由〈夕張で遺体のそばにクマの血痕〉/文春オンライン | Main | 鳥獣被害対策の人材を0から育てる「"けもの"の町医者 創業支援プログラム」を開始/PRTIMES»
「銃猟」免許取得で効率化? 栃木県が拡大後押し/下野新聞 [2022年09月26日(Mon)]
わなを仕掛けてイノシシやシカを捕獲する「わな猟」。農作物被害の自衛策などとして免許を取得する人が増え、駆除の担い手の確保にもなると注目されている。免許の取得後、さらに「銃猟」の免許に挑戦する人もいる。両方の免許を持てば捕獲から殺処分までを一貫して担うことができ、効率的だ。栃木県も取得促進に取り組んでいる。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/639207
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:49 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント