• もっと見る
«【自然との共存】「マタギ」の年収や仕事内容って?/ファイナンシャルフィールド | Main | 会社員ですが「イノシシ」を捕獲して報酬をもらいました。確定申告は必要でしょうか?/ファイナンシャルフィールド»
カワウの食害深刻「稚鮎すぐに食べられる」岐阜県内漁協有志が駆除取り組み/岐阜新聞 [2022年09月16日(Fri)]
鮎の友釣りはそろそろ終盤。落ち鮎シーズンを迎えている。鮎の天敵といえばカワウ。長良川や揖斐川流域の各漁業協同組合では、鮎の捕食に頭を悩ませている。そこで、手に握るのは竿(さお)ではなく銃。岐阜県内漁協有志が漁師ならぬ猟師となって、有害鳥獣駆除を担う取り組みを始めている。
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/132744
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | またぎぃ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント