• もっと見る
«シカ捕獲が被害軽減に与える効果 都道府県レベルの広いスケールで検証 森林総合研究所/農業協同組合新聞 | Main | 森の中で出会ったら…ビックリ仰天! オオカミ型ロボットで野生鳥獣を撃退? 富山/TBS»
雪面から突き出た紫色の右手…クマ狩りに出た猟師5人の身に一体何が起こったのか/文春オンライン [2022年09月09日(Fri)]
読者諸賢は冷戦下のソ連(当時)で起きた「ディアトロフ峠事件」をご存じだろうか。
 これは1959年2月、ウラル山脈のホラート・シャフイル山(現地の言葉で「死の山」)で雪山登山をしていたウラル工科大学の学生と卒業生の男女9名が遭難、後に全員遺体となって発見されたもので、一種の「未解決事件」として知られている。
 というのもマイナス30℃の極寒の中、なぜか全員が裸足でテントを飛び出し、バラバラの場所で死んでおり、中には眼球や舌が無くなったり、高い線量の放射線を帯びた遺体もあるという異様な現場の状況を明確に説明する事故原因が不明だったからである。
https://bunshun.jp/articles/-/57054
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント