• もっと見る
«駆除した猪・鹿「ジビエレザー」に 革小物や服…なめし技術で命を再生/iza | Main | 「町の厄介者」を狩る…悩める町で奮闘する凄腕ハンター 仕留めたシカを最高のジビエに変える“特殊な技術”/三重/excite.ニュース»
狩人先生が解体手ほどき 学生にもたらす変化とは【イノシシ特命取材班】/福岡/西日本新聞 [2022年07月19日(Tue)]
「街がすみか―追跡・イノシシ特命取材班」#06
5月末、木漏れ日が差す福岡市西区の九州大伊都キャンパス。捕獲したばかりのイノシシを前に、新入生5人が“狩人先生”として知られる同大基幹教育院准教授、安田章人さん(40)の手さばきに目を凝らした。「喉元から切り開いて、内臓を抜き取る」。安田さんが一つ一つの工程を説明する。学生も加勢しながら、皮を剥ぎ、四肢を切り取り、ロースやももなどの部位に分けていった。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/956418/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:53 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント