• もっと見る
«猿を群れごと一網打尽 農業被害削減に効果 移動式大型おり設置 徳島県/日本農業新聞 | Main | イノシシなどの有害鳥獣 捕獲後の処理に新たな一手 大規模焼却施設が完成 富山・立山町/チューリップテレビ»
「ICT機器を活用した鳥害対策の有効性確認」のトライアルを開始/PRTIMES [2022年07月15日(Fri)]
越谷市(市長 福田 晃)、株式会社CrowLab(代表取締役 塚原 直樹 以下「CrowLab社」)、東京電力パワーグリッド株式会社 川口支社(川口支社長 渡部 恵美 以下「東京電力パワーグリッド」)、東日本電信電話株式会社 埼玉南支店(埼玉南支店長 花石 啓介 以下「NTT東日本」)は、越谷市内のカラスによる被害を減らし、住環境における地域課題を解決していくため、ICT技術等を活用した有効性確認の4者連携トライアルを開始することから、2022年7月14日に、協定を締結いたしました。今後は、本協定に基づき地域課題の改善に向け、取り組みを推進してまいります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000206.000098811.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント