• もっと見る
«辰野に捕獲サポート隊 町有害鳥獣駆除対策協/長野/長野日報 | Main | 猿を群れごと一網打尽 農業被害削減に効果 移動式大型おり設置 徳島県/日本農業新聞»
荒らされる畑、クラウンに衝突 奮起した市議【イノシシ特命取材班】/福岡/西日本新聞 [2022年07月13日(Wed)]
苦節10カ月、ようやく捕まえた。
福岡県筑紫野市の北東部、原(はる)地区は宝満山(829メートル)などの山々に囲まれ、田園風景が広がるエリアだ。
同市の八尋一男さん(71)は2021年9月から、箱わなを地区に設置してきた。今年6月29日朝、箱から逃れようともがき、鼻から血を流すイノシシの成獣が初めて入っていた。60キロ規模とみられる。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/952100/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:55 | 有害鳥獣 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント