CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«猟銃使った有害鳥獣駆除を自粛へ 猟友会が京都府全域で、綾部の死亡事故受け/京都新聞 | Main | 津波浸水想定の1次データ提供、宮城県だけ難色 「情報多いと住民混乱」 オープンデータ化に逆行/河北新報»
34テラバイトのデータと格闘して「全国ハザードマップ」を公開した理由/NHK [2022年06月23日(Thu)]
5月下旬に公開を開始したNHKの「全国ハザードマップ」。川の氾濫による洪水リスクを中心に掲載し、多くの方に活用頂いています。
一方で、「市町村が出しているハザードマップがあれば十分だ」「リスクを網羅していない不完全なマップの公開は良くない」「NHKではなく国が取り組むべき仕事ではないか」といった意見も頂きました。
今回なぜ、このような取り組みを行ったのか。どうやってデータを収集して地図を作ったのか。詳しく説明します。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/select-news/20220621_01.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | 地図 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント