CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「猿新聞」、190号で終刊、発信は継続 三重・名張/朝日新聞 | Main | ツキノワグマの狩猟再開へ 絶滅の危険性低下 県が管理計画案/鳥取/朝日新聞»
(研究成果) 山口県の野生イノシシの豚熱の感染源は約500km離れていた可能性/農研機構 [2022年05月17日(Tue)]
農研機構は、豚熱ウイルスの遺伝子の解析により、本年3月に山口県内で陽性と確認された野生イノシシ由来のウイルスが、昨年5月におよそ500km離れた紀伊半島東部で陽性と確認されたイノシシに由来するウイルスと最も近縁であることを明らかにしました。この結果は、ウイルスの長距離伝播に対する対策の必要性を示しています。
https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niah/152616.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント